スカイプの同時通訳機能といいGoolgle翻訳といい語学の壁が低くなっている

語学の壁
スポンサーリンク

ディープラーニングを用いたAIの発達で、どんどん語学の壁が低くなっているというのはご存知でしょうか?

もうびっくりするくらい発達しちゃってるんですよね。ということで今回の記事では英語の先生や翻訳や通訳者ってますます必要とされなくなるんじゃない?という記事になります。

スポンサーリンク

英語の勉強って必要なの?

2017年4月8日のIT PROにこんな記事がありました。

米マイクロソフトは2017年4月7日、音声・テキストチャットツール「Skype」の翻訳機能を拡充したと発表した。新たに日本語の「リアルタイム会話翻訳」機能を追加。英語やフランス語、ドイツ語など9言語と日本語との間を同時通訳しながら会話できるようになった。

ディープラーニング(深層学習)を用いた翻訳アルゴリズムを利用しているようです。どういったレベルかというと、細かいところはまだまだだけど、大まかな文脈では会話が成立する位に発達しています。でもこれってまだ始まったばかりのテクノロジーで、これからどんどん進化すると考えられます。

利用者が増えれば増えるほどそのデータもどんどんと集まっていくので、加速度的に精度が上がっていきます。先日の記事でも書きましたがアップルのiPhoneの音声認識の精度もすごく高まっています。実際今この記事を書いているのも音声で入力しています。タイピングより早いんですよね。そして楽。

2017年5月17日の共同通信の記事では、

米IT大手グーグルは16日、インターネット上で単語や文章を翻訳するサービス「グーグル翻訳」の月間利用者数が世界で5億人を超えていると説明した上で、人工知能の活用で翻訳の精度が向上したと強調した。

こんなことも書いてありました。月間の利用者数が5億人ですからね。僕もこのうちの1人で、Google翻訳を利用しています。5年前とかにGoogle翻訳を利用したことがあって、今は利用していない人がいるならば、試しに利用してみてください。翻訳レベルの向上にびっくりすると思います。それくらいディープラーニングのおかげで翻訳レベルが凄いことになっている。

もちろん細かい単語とか専門用語、文脈のニュアンスというのはまだまだなところがありますか、かなり利用できます。僕の利用の仕方は、論文を読みたいときにざざっとGoogle翻訳にかけて翻訳された日本語読みます。その後英文を読んでいくというスタイルなのですが、これでかなり時間を短縮しながら内容を把握することができます。

英語がすごい得意な人であればこんなことをせずに済むのでしょうが、僕みたいに英語がそこまで得意でない人にとってはすごく有用な使い方だと思います。

日本人が語学のハンデから救われる

英語の先生や辞書を作っている人、通訳者や翻訳者にとってはGoogle翻訳が発達すればするほど怖いものになるのですが、それ以外の人にとってはかなり嬉しいものですよね。日本人は語学のハンデがあるのですか、それがチャラになるかもしれません。

例えば、日本語で論文書いても世界では全然評価されません。逆に世界の論文を読むのも英語ができなければ読むことができず、最先端の知識を得ることができません。これが解決できるとなるとかなり全体のレベルが底上げされるはずです。多分今まで英語が苦手だからと言って大学に残れなかった人や、英語論文書けなかった人、論文をたくさん読めなかった人たくさんいるんですよね。

大学の世界では英語ができるっていうのが絶対条件になります。これが解決されるとすごく助かるはずです。僕が大学にいた時にこのGoogle翻訳の精度があれば、もっと論文を読むこともできたんだろうなぁと思います。自分の専門分野においても、専門分野以外においても。

英語の勉強は必要なのか?

学生にとってこれだけ翻訳技術が発達してる中、「英語の勉強って必要なの?」と言う疑問が出てくると思います。これってほんとに迷うとこなんだろうなぁ。英語の勉強を、言語のロジックを解くため、頭を使うためという意味では英語の勉強はやっていいと思います。でも人生で外人と喋ることもなければ、そういう意欲もない人は英語の勉強しなくてもいいんだろうなぁと思います。たまに英語が必要な時はスカイプでもGoogle翻訳でも使えばいいだけのことですしね。

で、これから必要な考えが「そのGoogle翻訳の精度って何で担保されてるの?」ということだと思います。「ディープラーニングの結果こーゆー翻訳ができました!」ってオフィシャルな場面で通用するのかなあというのが疑問なところです。

多分、英語の勉強が必要なくなる事はありませんが、必要ではない人が大量に出てくるのは確実なことでしょうね。結局のところ勉強と言うのはトレードオフの関係。だからどこに比重を置いてどこに時間をかけて勉強していくかというのは個人の選択次第になってくるんでしょうね。

面白い時代だなぁと思うと同時に、選択の重要性が問われる時代ですね。間違った選択をしたらあっという間に周回遅れになるかもしれませんから。

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*