「大人の教養」リベラルアーツとは何か?池上彰さんの本を読んで

おとなの教養
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

池上彰さんが書かれた「大人の教養」を読みました。博識の池上さんの本は読んでいて面白いですね。「なるほどな〜」と思う場面が多々ありました。ということで、忘れる前に備忘録的に記事に残します。

スポンサーリンク

リベラルアーツってなに?

現代人必須の「リベラルアーツ」を一気に身につく決定版!という文字に惹かれて読んでみました。 そもそも「リベラルアーツ」ってなんなのよ?ということから始まった僕。 最近よく聞く言葉よね、くらいにしか思ってなかったのですが、たぶんこれがそもそもリベラルアーツのない人の特徴なのでしょう。

リベラルアーツとはギリシャ・ローマ時代に源流をお持ち、ヨーロッパの大学で学問の基本たとみなされた7科目のこと。

7科目とは 1文法 2修辞学 3論理学 4算術 5幾何学 6天文学 7音楽 であり、この7科目に習熟することが教養人の条件だったみたいです。 リベラルアーツ「liberal arts」のliberalは自由な、artsは技術、学問、芸術を意味し、リベラルアーツとは「人を自由にする学問」ということになるそうです。

 海外の大学でのリベラルアーツ

ハーバード大学ではリベラルアーツ教育が基本で大学4年間は文理系科目の幅広い分野を学び、その後医者になりたいのならメディカルスクールという大学院に行く、弁護士や裁判官になりたいのならロースクールに行く、経営学を学びたかったらビジネススクールに行くとなっています。

マサチューセッツ工科大学も同様ですが、特に音楽の授業に力を入れているそうです。マサチューセッツ工科大学といえば、科学技術の最先端を研究しているイメージですが音楽の授業に力を入れているのは意外に感じます。ですがちゃんと理由があって、最先端のことを教えても世の中の技術の進歩は早く、どの技術もだいたい4年間で陳腐化してしまいます。そうなるとまた最先端の技術を学びなおさなければなりません。

ですから、4年間で陳腐化しないものを教えるべきであると考えています。すなわち新しいものが出てきてもそれを吸収していくスキルです。それが教養であり、音楽も教養の1つになるのです(もちろん最先端の技術も教えます)。

日本の大学でのリベラルアーツ

僕も大学、そして大学院を出てますが(国立)、リベラルアーツはあまり学ばなかったなぁ。

というのも、企業が大学に対して社会に出てすぐ役に立つ学問を教えて欲しいという要望を出しているからです。最近の日本の流れでも文系学部廃止など学部学科の再編成、職業大学を作るなど、専門職に特化していく流れを感じます。

日本と海外の大学のリベラルアーツの違い

すぐに役にたつものを教えるのは日本も海外も専門学校で一緒ですが、いわゆるエリート大学と呼ばれるところでは「すぐに役に立たなくてもいいことを教える」という点において違います。

「すぐに役立つことは、すぐに役に立たなくなる。すぐに役に立たないことは、長い目で見ると役に立つ。」

この考えって日本の大学では十分ではないと思います。基礎研究費とか年々少なくなってきてますよね。これは将来ノーベル賞の数が減ることにつながると僕は思っています。

池上彰氏が考える現代のリベラルアーツとは?

「自分自身を知ることが現代の教養だ。」

と池上さんは考えています。

それを主題に現代における教養7つを次のように示しています。 1宗教 2宇宙 3人類の旅路 4人間と病気 5経済学 6歴史 7日本と日本人 僕は理系出身なので、正直なことを言うと文系科目は苦手です。というか嫌いでした。

だから理系に進んだということもあります。だけれど、理系の専門科目だけを学ぶとどうしても視野が狭くなるんですよね。例えば、新聞を読んでも政治のことはよくわからなかったり、外国の紛争の記事を見ても何が原因なのかよくわからないので、「なんでこんなに戦争するんだろう」とかそれくらいしか分からないし、詳しく考えませんでした。

でもそれではダメなんですよね。社会に出てよくわかることですが、大学や大学院で培った専門科目などあんまり役に立たないんです。その知識だってすぐに陳腐化するし、自分より頭が良く専門科目にも秀でた人はたくさんいます。僕の考えでもあり、経験則でもあり、きっと世の中のルールだと思いますが、人間として深みを出すには多くのことを学ばないといけないんです。

理系科目だけ得意でもだめ、文系科目だけ得意でもだめ、両方を学び多くの考え方を知ることが必要です。グローバルな社会になることで余計にそうなってきました。だからこそリベラルアーツが求められてるのでしょう。グローバルになることで、世界の状況、宗教、歴史を知り、日本の文化と照らし合わせることが必要になってきました。

そうしないと互いに理解することができませんからね。 この時代、学ばないことを放棄することは危険です。それはグローバルという世界が否応なしに迫ってくるからです。アジア諸国の発達スピードは異常で日本の先進国という有利さはもうほとんどなくなってきています。それにロボットの発達で単純作業の労働者は必要なくなるのも時間の問題ですからね。

そのロボットの技術を得意としているのが日本ですが、それを学ぶ優秀な人材は世界にゴロゴロしており、日本人だからロボット技術を学べるというわけでではなくなってきています。

これからの時代は多くのことを学び世界と向き合って生きていくことが必要不可欠になってきています。そのためにはまず現代の教養を学ぶべきであり、そのおおまかな全体像を知るにとても良い本だと思いました。ある程度知ってるよって方はこの本は読まなくても大丈夫だと想います。僕みたいに文系科目苦手。。。って人は是非読んでみてください。

仕事やAI・ロボットの関連記事

SNSでもご購読できます。