LINE Bank & LINE Pocket Moneyなるものができるそうな

スポンサーリンク

LINEがとうとう銀行業に進出するそうな。いやー、この流れに取り残される銀行はやばいでしょうなー。ますます銀行ピンチ。

LINE Bankの衝撃。若者層狙うみずほFGの危機感とLINEの野望
「ある意味追い込まれた。危機意識を持っていろいろなものを展開しているのは事実」11月27日、LINEと共同で新たな銀行「LINE Bank」の準備...

LINEがみずほ銀行と手を組む理由が興味深かったです。

そこで、もう1つ気になるのは「なぜLINEは新しい銀行の設立にみずほFGを巻き込んだのか」という点だ。楽天などすでに参入しているネット銀行の快進撃を見れば、LINEだけで銀行業に取り組むことも決して不可能ではなかったはずだ。

そうした現実を前にしてもなお、LINEがみずほFGと提携することで得たかったもの、それは「一般ユーザー層からの信頼」だ。LINEは現在、日本だけでも月間7800万人ものアクティブユーザーを持つ巨大プラットフォーマーだが、同社の規模、メッセージや決済など取り扱う情報(が集中すること)のあまりの重要さに不安を感じるユーザーも一定数いる。

そんなユーザー層に対して「信頼や安全性が最も重要視される銀行の、しかもメガバンクのみずほがLINEに協力する」という事実は、非常に効果的なメッセージになる。

信用力のためにね〜。たしかに一般層に受け入れられるためにはコレ、大事。

 

LINEバンクに加えて『LINE Pocket Money』なるものも始まるそうな。LINE上の行動データに基づき、ローンの可否を判断するんですって。いやはや、なんとも恐ろしい。

LINE、信用スコア事業に参入 第1弾は個人向けローン
LINEが、ユーザーの信用を数値化する「信用スコア」事業に参入する。

こういうのをスコアリングサービス(信用スコア事業)というそうな。

スポンサーリンク

LINEという日本人なら誰もが使うサービス。そして、電話番号が必要で、そう簡単に取り消しができないLINE。一度ついた信用はずっと残るのでしょうなぁ。

 

例えばこれが発達していって、LINEからお店の予約ができるようになったとします。そうなると、無断キャンセルなどすると、「あのアカウントはすぐにキャンセルするから予約させないほうがいいぞー」みたいな評価がついていくんでしょうな。お店側としては嬉しい。

 

でも、今のメリカリみたいに、評価の悪い人は商品を売れないし・買えないし、みたいになっていくのかと。正直者の私としては明るい未来ですが、低評価をもらいやすい人にとっては社会から疎外されていく世の中が来ているような気がします。

 

金融事業ってどこの会社も好きですなぁ。

コメント