民泊営業は上限180日に

民泊の規制緩和

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

日本経済新聞より民泊の年間営業数の上限が決まったという記事がありました。なるほどね〜と思いつつ、思うことがあったので備忘録的に記事に残します。

リンク→民泊営業、年180日を上限に 違反なら業務停止も 

民泊業界にとっては嬉しいこと

国土交通・厚生労働両省は住宅に旅行者を有料で泊める民泊の年間営業日数の上限を年180日とすることを決めた。違反すれば業務停止命令などの行政処分の対象となる。来年の通常国会に提出する新法に盛り込む。旅館やホテルに一定の配慮をしつつ、法的に住宅とみなせる上限の日数の営業を認め、訪日客の受け皿にする。

東京などの大都市ではビジネスホテルが足りないので、価格が異常なほど高騰していたりします。だから消費者としては安くて利用できる民泊があるってとてもれしいことです。

それに海外からのお客さんも、安く旅行できると思えば日本に旅行しやすくなりますよね。

営業日数を巡っては民泊に顧客を奪われることを懸念する旅館業界が「年30日以下に」と主張。民泊参入をめざす不動産業界からは営業日数が少なくては採算が合わないとして「制限なし」を求めていた。

都会ではOKの話ですが、田舎ではそうもいきません。

ホテルや旅館より安い民泊が180日もOKになってしまうと、そちらの業界の人からしたらたまったもんじゃありません。なぜ日本という大きなくくりで180日に決めてしまうのでしょうか・・・。地域によって日数を変更するなど柔軟な対応が必要じゃないの?地方創生と逆方向のベクトルに向かって進んでいるようにしか見えません。

諸外国でも民泊の営業日数を規制している例はある。観光庁によると、英ロンドンは年90日以内、オランダ・アムステルダムでは年60日以内だ。

 

日本以外をみても、制限があるんですね。これをみると180日ってかなり長いですねぇ。

民泊の規制が緩くなると実を言うと、住民に問題が発生します。

騒音問題などは前から言われていたことですが、それとは別な問題が発生すると予想されます。

民泊のためだけに「マンション」を契約する人が出てくるってことです。

空いている部屋を他人に貸すと言うのがもともとの民泊だったはずですが、マンションを借りてビジネスとして民泊をやる人が増えるのです。

そうなるとマンションを借りたいのに借りれないという問題が発生します。それに不特定多数の人が出入りしていてはマンションの住人としてはいやでしょうね。

でもこれが当たり前のようになるのでしょう。

何事も一長一短ですねぇ〜。

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*