キーラ・ナイトレイ主演の『はじまりのうた』が良い!

はじまりのうた映画の感想
スポンサーリンク

キーラ・ナイトレイ主演の『はじまりのうた』を観ました。

ストーリーとしては普通なのですが、飽きさせないような作りになっていて、圧倒言う間に見終わってしまいました。

音楽に力をもらえる映画

です。いやー、良い映画見ました。iTunesミュージックからサウンドトラックを取ってきて、今ずっと聞いてます笑。音楽もいいですわー。

≪ニューヨークの街角を録音スタジオに! ?≫
ミュージシャンの彼デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。
偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)との出会いがデビューの話しへと発展するが、
録音スタジオは、なんとニューヨークの街角!?!?
路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。
そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。

オススメ映画です!キーラ・ナイトレイってこんなに魅力的な女性だったのですね〜。

それでは!

コメント