Googleなどで働いてきた人材開発のプロから学べること

ニューエリートとは? 本の感想
スポンサーリンク

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏の『ニューエリート』を読みましたので、気になったところをメモしていきます“φ(・ω・。*)カキカキ

ピョートル氏は1975年、当時はまだ社会主義国だったポーランドで生まれました。ですから、今の資本主義経済と両方を生きた人になります。

そういう方が書いた本はどんなものだろうなーと思い、手にとってみた次第です。

スポンサーリンク

この本の感想を超簡単に表すと、

「AIやロボットとかくるし、これからの働き方って変わるよね?だから次の生き方を目指して生きましょうや!」

という、最近のよくある本になります。こーゆー系の本を何冊か読んだことある人なら30分程度で、まったく本を読んだことない人は2時間程度で読めるんじゃないですかね。

でも、この手の本は読んだだけでは意味がありません。“実践”しなければ意味がないのです!!

さてさて、私がこの本を読んで一番気になったところは、これです!

学歴とパフォーマンスって関係あるの?

ということです。

グーグルが社内調査をした結果、おもしろいことが分かりました。

  • 大学を卒業したかどうかとパフォーマンスには相関関係がある
  • しかし、卒業した大学のレベルとパフォーマンスにはほとんど相関関係がない
  • パフォーマンスにもっとも相関関係があるのは“挫折経験”

ということです。

やはり、人生に一時期“絶望”した人が強くなるんですな。

ドラゴンボールに出てくるサイヤ人も、瀕死の体験があるたびに強くなります。これと一緒。

挫折経験についてはアダム・グラント氏のOPTION Bが参考になりますねー。

【読書メモ:OPTION B】深い悲しみを乗り越えるための一冊
  人生は最良の選択肢(オプションA)ばかりではない。オプションBの連続である。 向き合わないといけない選択肢にどう対処していくか?それが書かれた本でした。 前作のLEAN IN同様、内容的には素晴らしいのだけど、若干の読...

挫折経験って2パターンに別れると思うんです。

  • 強制的に挫折するパターン(病気とか親の離婚とか、友人の死とか)
  • 自分から挫折に向かうパターン(スポーツ・勉学などなど)

「挫折経験がないぜ!」という方は、運が良かった&努力してないというパターンなので、挫折に向かって努力してみてください。

それじゃ!

コメント