コロナウィルス後に求められる能力→営業力

未分類
スポンサーリンク

コロナウィルスによって時代は変わりました。今後も、いつ新型の感染症が流行するかもわかりません。ですから、オンラインの流れが加速しております。では、オンラインの流れが加速していく世の中で求められる能力はなにでしょうか?

 

西野亮廣さんのこちらの動画が参考になりました。芸人向けとなっていますが、ビジネスをやる人なら誰にでも役に立つ内容になっているかと↓

コロナ時代を生きる芸人に求められる能力-西野亮廣
スポンサーリンク

いまの時代、お金の稼ぎ方をざっくり分けると2つです。

  • 広告収入
  • ダイレクト課金

の2つです。で、自分がどちらを収入源としていくのかは決めないといけません。

 

広告収入を選ぶのであれば、

  • お金を出してくれるのはスポンサー
  • ということは、スポンサーの意向に従う必要がある

集まり、『言動に制限がかかる』ということです。たとえばタレントさんが過激な発言をしたとすると、それを見た視聴者のかたが「このタレントのCMの商品なんて買わない!」という不買運動をするかもしれません。スポンサーとしてはそういう人は扱いづらいため起用しなくなります。つまり、広告収入に頼るのであれば、自分の考えを好きなように発信できなくなります。

 

逆に、ダイレクト課金に頼る場合は、そのような制限はありません。また認知もそこまで必要ありません。たとえば、YouTubeで3000円を得ようとしたら1万回再生(1再生が0.3円として)されなくてはなりませんが、ダイレクト課金であればお客さん1人に3000円を払ってもらえればいいわけです。

 

で、いまはダイレクト課金を狙っていかなくてはなりません。なぜなら広告収入に頼ろうとYouTubeを始めようとしてもすでにレッドオーシャン。そして時代はコロナウィルスで不況の時代なので、広告費は下がっているからです。

 

追い打ちをかけるように、ハコ(ライブハウスなり、劇場なり)も使えません。満足に集客もできません。

 

ということは残された道はただ1つで、「ネットを使って自分の商品を買ってもらう」しかありません。しかもネットの厳しいところは、指名検索されるところです。テレビであれば「テレビをつけていてたまたま見た」がありますが、ネットにはそれはありません。ネットだと名前で一直線に検索されるだけなのです。

 

じゃあお客さんに、自分の商品をネットで買ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか?それは「営業」です。西野さんはこう言います。「SNSでどれだけ自分を買ってもらえるかを、言えるか」と。

 

ネット上は商品だらけなので、自分から声を上げ続けないと見つかることはありません。テレビを見ない層に、自分の知名度は通用しません。「買ってください」を言えない人は、今の時代は厳しいとのことでした。染みますね。

コメント