岡大にリーダー育成講座!?石川康晴さんが素敵すぎる

岡山大学とストライプインターナショナル

岡山大学とストライプインターナショナル代表の石川康晴さんが提携して、何やら面白いことをするそうです!

母校の岡山大学でこんなにワクワクすることが起きるなんて、嬉しい限りですねぇ。期待大です!(`・ω・´)”ということで、ちょっとした記事にしてみました。

岡山大学とストライプインターナショナル

リンクを貼っておくので、詳しくはリンク先をご覧になってください。→ストライプ石川康晴がリーダー育成講座を開設、母校岡山大学にSANAA設計のホールも

岡山大学と石川康晴、そして同氏が代表を務めるストライプインターナショナルおよび石川文化振興財団が、岡山からグローバルで活躍できる起業家精神に溢れた人材を育成・輩出することを目指し、岡山大学に「ストライプ講座(仮)」の開設と、拠点となる「ストライプホール(仮)」の建設プロジェクトを始動する。「ストライプホール(仮)」の設計は妹島和世と西沢立衛による建築家ユニットの「サナア(SANAA)」が担当。

岡山の企業が地元に貢献していくのは、当たり前って思われるかもしれないけど、本当にかっこいいことだし、すごいことですよね。
『地方創生』を体現している活動だと思います。

数年前、まだ僕が大学生だった時に一度だけ石川さんの講演会に参加したことがあり、その時の印象としては「熱い男だなぁ」でしたが、今のこの活動を見てもやっぱり熱い男のままなんだなぁと感じました。
歳を取っても『想い』を持ったまま活動している姿に、ただただ尊敬です。

僕たちは石川さんほど高いレベルのことはできないけど、目指していくべき人生はこれですよね→『【僕たちが目指すべき姿】放送大学で99歳の学生が卒業!

「ストライプ講座(仮)」は、創造性と論理性を備えたリーダーの育成を目的としたコースで、2018年の開講を予定。起業家や経営者を目指すために必要なアントレプレナー(起業家)精神と、企業や自治体等で改革を行うために必要なイントレプレナー(社内起業家)精神を開発するプログラムを中心に構成する。改革経験のある国内外のスピーカーを招いた講演が実施され、テクノロジーやアート、マーケティングを含む様々な分野で高度な知識を取得できるという。

大学生のうちに(しかも地方で)、こういうことを学べるって何ものにも変えられない経験になるはずです。
この素晴らしい経験を味うことのできる大学生の皆さんは、ぜひともこの活動に注目していてくださいね!(こんな最高の環境があるのに活用しないなんて、絶対に後悔することですよ!)

僕が思う地方学生の残念なところは『思考がオープンマインドではないところ』です。簡単にいっちゃえば、自分を向上しようとしている人を見るとすぐに「イタイ」とか「意識高い系」って言っちゃうところです。

大学は、『自分のからを壊すところ』ですよ!
そういう意味でも、岡山大学は素晴らしいところだと言いつつ、高校生には都会の大学に進学してみれば?と言っています。
いろんな人(国内外を問わず)がいる都会の方が、自分の殻を壊しやすいと思っています。痛いとか、意識高い系って言われたら、『痛い人同士』『意識高い系同士』で集まることが都会ならできますからね。(人が多いので、いろんな価値観がある)

いやぁ〜これから岡山大学に入学する人は羨ましいですね〜(=゚ω゚)ノ
広島大学にもブランド力で勝っているし、このままいったらブランド力の差がもっと広がる可能性がありますね〜(`・ω・´)”

と言いつつも、中四国の大学で切磋琢磨して、中四国を盛り上げていってもらえたらなと思っています。
民間企業と大学の、未来に向けた新しい関係性をストライプインターナショナルが見せてくれています。
こういう関係性がもっと増えていけば、大学の存在意義が一気にリバイバルしてくるはずです。弁証法的な発展を見るためにも、岡山大学とストライプインターナショナルの今後の活動に注目したいと思います!!!

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど

僕の人生の糧となってきた、漫画・本・映画・音楽を載せていきます。(随時更新)ついでに便利なガジェットもご紹介します(=゚ω゚)ノ

僕が書いてる記事の多くは、こちらのページにある本を参考にしています。


詳細ページはこちら

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメント

コメントを残す

*