五老星って天竜人やったんやねー@ワンピース90巻を読んで

ワンピース90巻マンガの感想
スポンサーリンク

ワンピース90巻がバチバチに面白かったですわー。ビッグマム戦が終わり次の章へ。

 

さてさて、90巻に収録されている第907話のタイトルが『虚(から)の玉座(ぎょくざ)』でして、これがなにかというと、『誰も王座には座らない。各国の王たちはみんな平等だよー』という誓いの証になります。

誰も座らないことが平和の証であって、だからこそ虚の玉座なんですな。永遠に誰も座ることのない席なのです。

 

そこで説明がありまして、

世界最高の権力者が天竜人の最高位

「五老星」であるように

この世界にたった一人の“王”などいないのです

 

ここで分かったのですが、五老星って天竜人だったんですな。天竜人の最高位が五老星だったんですな。

 

天竜人の一人が魚人島で魚人の売買をしていました。つまり、五老星もこれを認めてるってことでして、ワンピースの世界ではトップオブトップまでもが人身売買を許容しておるのです。いやはや、恐ろしい。アメリカの大統領が人身売買を黙認しているようなものでっせ。

スポンサーリンク

次の908話では、五老星が「イム様」と呼ぶ女性っぽい風貌の人物が登場します。そしてイム様は虚の玉座にどさっと座ります。五老星はイム様の前に膝をつき、こう言います。

五老星ここに

歴史より消すべき“灯”がまた

お決まりでしょうか?

然らば

その者の名を!

とまぁ、天竜人の最高位である五老星より上の人物が登場しちゃったわけです。しかもイム様は平和の証である虚の玉座に座って、歴史より消すべき存在を五老星にオーダーしていると。悲しいことにワンピースの世界でも平等というのは建前で、強大な権力が存在し、世界を操っていたのです。

 

その数ページ前でイム様はルフィと黒ひげの写真を切り刻み、しらほしの写真に剣を突き立てていました。この3人が歴史から消される対象となるのでしょうか・・・。

 

いやー、90巻はワクワクが止まりませんでしたわ。

  • 世界会議
  • 革命軍の動き
  • 五老星の動き
  • ワノ国突入

次が待ち遠しいー〜ー!!!

コメント