【Ontenna】髪の毛で音を感じるデバイスがすごい!

ontenna
スポンサーリンク

本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。
こんにちは、福山です。

Ontenna(オンテナ)ってご存知ですか?聴覚に障害をもつ、ろう者のために開発されたデバイスで、ヘアピンのようなものを髪につけると、音を光と振動によって「感じる」ことができるものです。いやー、すごいものです!

ニュースイッチよりOntennaの記事があったので、備忘録とシェアを兼ねて記事にします。

スポンサーリンク

リンク→「ろう者に音を届けたい」 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイスとは

Ontenna

公式サイト→http://ontenna.jp

ヘアピンみたいなものを頭につけるって・・・?といってもイメージができないでしょうから、ユーチューブの動画を貼っておきます。

髪の毛にクリップすると音を感じることができる全く新しいインターフェイスOntenna。まるで猫のヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることができる装置―。

素晴らしい開発としか言いようがありませんよね。

こんなユニークな研究をしているなんてカッコイイです。デザインも素敵ですよね〜。

音は「耳で聴くだけのもの」という考えを一掃する、素晴らしいイノベーションだと思います。テクノロジーによって今まで常識とされていた概念を変えることができるんですね。

 大学院卒業後はメーカーでプロダクトデザイナーとして働く傍ら、個人でOntennaの開発を続けた本多氏。個人でOntennaの開発を続けていたが、展示会やメディアを通じてOntennaの存在を知ったろう者からたくさんの問い合せが届くようになると、「1日でも早く製品化したい」という思いが強くなっていったという。

 「でも、個人でやるには資金面などのハードルが高く、一歩を踏み出せずにいたんです。そんな僕の思いを後押ししてくれたのが、富士通でした。富士通には障がい者の方もたくさん働いていますし、聴覚障がい者とのコミュニケーションを活発化するための『LiveTalk』などの製品も生み出していて、障がい者に理解のある会社だなという印象がありました」

富士通もカッコイイ会社ですね。若者のやる気と熱意を感じ取り、支援するって素晴らしいと思います。

先日読んだドラッカーの本に、良い会社かどうかを判断するには3つの指標が書いてありました。→【100分de名著】ドラッカーのマネジメントを読んで

  • あなたは会社で敬意を払われていますか?
  • あなたが仕事上の能力をつけようと思って、勉強しようと考えたり、自己啓発に励もうとした際に、会社は応援してくれますか?
  • あなたが会社に貢献していることを、会社は知っていますか?

富士通さんはこの3つ全てあるかもしれませんね。素晴らしい!!

 

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメントを残す

*