介護のために50代60代の人が永久脱毛を始める理由

介護のための永久脱毛 雑記
スポンサーリンク

先日、衝撃的なツイートを目にしました。50代、60代の人が永久脱毛をするために脱毛サロンに通っているのです。「なんで??」と思ったのですが、理由を知って納得しました。

スポンサーリンク

介護に備えての脱毛

気になったツイートがこれ。

なるほどですよね。介護される側の身に立って考えての脱毛なわけです。

衛生上の問題

陰毛があるかないかで清潔さも全然違うようです。例えば、女性だと構造的に尿で陰部が汚れやすいんですって。だから陰毛がなければ綺麗にするときに簡単だし、衛生上もとってもいいのだとか。

どうせなら若いうちからやってもいいかも

いずれ介護が必要になると思えば、脱毛って早くからやっておいてもいいかもしれませんよね。なんかそう思ってきました。

んで、ちょっと永久脱毛について調べてみました。女性であれば脱毛サロンなんてこんなに簡単に見つかります⇨コロリー

でも男性となるとなかなか見つかりません。ヒゲ脱毛なら簡単に見つかるのですが、陰部の脱毛ってまだまだ日本では普及していないのかもしれませんね。陰部以外なら見つかりましたが、できてビキニラインまでみたいです。⇨メンズラクシア

恥ずかしいので自宅で脱毛

やっぱり人前で自分の陰部をさらけ出し、「永久脱毛よろしくお願いします!」って言うのは恥ずかしいですよね。だったら自分でやる脱毛の方がいいような気がしてきました。⇨LAVIE

こういうの見てると、すね毛とかやっちゃおうかなぁ〜って迷ってきますね。毛がない方が女性受けいいらしいですしね(`・ω・´)”

まとめ

介護に向けて永久脱毛をする人が増えているっていう事実に驚きました。介護者がどんどん増えていくので、脱毛関係の仕事ってまだまだ需要がありそうですね。というか増えるんでしょうね。

介護をしてもらう立場としては、できるだけ介護士に負担をかけないようにするのは、これからとっても大切な考え方なような気がします。「陰部の脱毛なんて恥ずかしい!」って言ってられませんよね。介護士さんのためを思って脱毛しておくのも、ある意味、介護士の大変な職場の改善につながるのかもしれませんね。

いや〜興味深いツイートを見ることができました。

コメント