公務員もクビの時代か!?

公務員 クビ

大阪市が能力不足を理由に、公務員2人を免職処分にしたらしいです。

ザ・安定の代名詞である「公務員」がクビになったことは結構衝撃的なニュースです。

能力不足で大阪市職員を2人解雇

免職にあたる分限処分になったのは都市整備局の40代と港湾局の30代の男性2人。市や同僚によると、仕事ぶりは決してほめられたものではなかったようだ。

 パソコンに入力する数字を頻繁に間違う▽作成した文章の意味が通じない▽手をつけていない仕事を「やっている」と報告する▽昼休みが終わっても職場に戻ってこない……。ある同僚は「頻繁にミスがあった。簡単な資料作成も誰かがやり直す必要があった」と話す。http://www.asahi.com/articles/ASHBV5GZ3HBVUTIL038.html?ref=newspicks

さすがにこれはクビで良いでしょう。

公務員だからクビにならないと思って、仕事を適当にやるやつは許せないよ。

「仕事ができないなら辞めてもらう。当たり前のこと」。大阪市の橋下徹市長は処分当日、自身のツイッターでそう強調した。

橋本さんは好き嫌いが別れる人だと思います。

でも僕はまぁ好きな方です。

こういう行動力がある人は絶対叩かれてしまう風潮にあるけど、この人がいなかったら日本の根本的な原因は変えられないよね。

日本がギリシャと同じ道を辿らないためにも、もっと公務員の能力や仕事の意欲には気をつけるべき。

公務員がクビになる2パターン

めったにクビにならない公務員ですが、

クビになる2パターンがあります。

懲戒処分

これが犯罪をやらかした場合ですね。

例えば飲酒運転など。

2ヶ月に1度くらい警察や教師が盗撮したとかで懲戒処分になるニュースもありますね。

分限処分

これが今回のケースですね。

もっと分限処分してもいいんじゃないの?と思ってみたり。

実は人事院や総務省によると、これらの分限免職は2013年度は国家公務員で13人、地方公務員で88人にのぼる。

分限処分って意外と多いんですね。

公務員が叩かれる理由

人は嫉妬を感じるからこそ、相手を叩こうとします。

ビル・ゲイツに誰も嫉妬しないですよね。

ビル・ゲイツに嫉妬を感じる人は、すでに相当稼いでる人です笑。

公務員とは届きそうで届かないような感じ。

こういう適当に仕事する人が、ある程度の給料と、福利厚生をもらってるから腹が立つんだろうな。

もちろん、公務員の方々が全員適当に仕事をしているわけではありません。

地方公務員で毎日残業だらけの友人がいます。(残業代は出ていません。)

しかも残業ばかりすると、昇進の成績に響くらしいのです。

つまり仕事を頑張らず、適当に投げて、時間通りに帰ると昇進試験に受かりやすい現状があるそうです。

うーん。それなら手を抜く気持ちもわかるよね。

制度を変えていかないとねぇ。。。

友人も嘆いてこういってました。

「公務員が叩かれる理由が分かるようになった。現場がこんなんだからね。」

個人としての感想なので、真に受けてもらっても困りますが、

ある一例として知っておいていただけたらと。

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示