社会人となった今だから復習したい英語の5文型

英語の5文型
スポンサーリンク

英語の5文型って覚えてます?

高校1年生で習うのかな?

そんなの知ってどうするんだよ!と仰られる方もいるとは思いますが、英語を理解するためには重要なんですよね。

ということで、英語の5文型を学んでみましょう!

スポンサーリンク

英語の5文型

英語には5つの文型があって

第1文型 SV The bird sings sweetly.(その鳥は優しくさえずります。)

第2文型 SVC These birds are canaries.(この鳥たちはカナリヤです。)

第3文型 SVO The canaries sing a merry song. (そのカナリヤは楽しい歌を歌います。)

第4文型 SVOO The canaries give us sweet music.(カナリヤは私たちに優しい音楽をくれます。)

第5文型 SVOC The canaries`song makes us happy.(カナリヤの歌は私たちを幸せな気分にしてくれます。)

というのは学校で習ったと思います。

ただ、すべての英語が5文型で分類できるわけではありません

これも日本人が英語を日本語に訳しやすいように用いた技法であるので、明確に文型を分類することはできません。

人によってはもっと多くの数に分類している人もいます。

ただ、第5文型は多くの学校で採用されている分類方法なので、これを用いることにします。

こういう文型に分ける方法は英語を訳す手段であって、目的ではないということを理解しておいてください。(英語を読めれば、それでいいんです。)

さてこういう文型に分ける理由はなんですか?

短い文だと確かにわざわざ分けるまでもなく訳せる文があります。

しかし長文になれば正確な訳をとるのが難しくなってきます。そういうときに文型に分ける技法が役に立ってきます。

それでは文型を考えるときに大事なポイントを2つあげます。

①前置詞のついた名詞は、「S・O・C」にはならない。

②形容詞は動詞の目的語にならない。

①についてですが、前置詞(in,of,for,withなど)がついた名詞は主語、目的語、補語にはなりません。つまり文を見たときに前置詞が付いている名詞があればそれを上に書いた文型に当てはめてはだめですよってことです。

②形容詞は動詞の目的語にならない。言い方を変えれば、動詞の後に形容詞がある場合、第3、4、5文型ではありません。

さて今日はここまでにしておきます。

ちなみに上に書いたことも文法というルールであって、どうしても少し例外が出てきてしまいます。

だから必ずしも上のポイントが完璧に当てはまるわけではないということを覚えておいてください。

ルールには必ず例外がある。なんでもそうですよね。

SNSでもご購読できます。