生き方

一人の考える時間を大切にしよう。西谷昇二先生に教わった「only is not only」を思い出した

考える時間を大切にする

「つねに誰かと一緒にいないとダメ・・・」

孤独を僕たちは嫌います。
誰かと関わりあうことを選択し進化してきた人類にとって、“孤独”を避けようとすることは本能なのかもしれません。

でも、必要以上に誰かと関わろうとしすぎた結果、深い関係性を築けず、結局“孤独”を味わってしまうのが皮肉なところです。

続きを読む

祖母の冷たい手を触った時に“死への過程”を感じた。

祖母から学ぶ死生観

「手がぼっけぇ冷たい。」
ぼっけぇという岡山弁を使いながら、祖母は孫の僕の手を触ってきた。(ぼっけぇは“すごく”という意味)

「私と比べて手があったかいなぁ」と祖母は言った。
あと半月ほどで新年を迎える季節なので、僕の手もどちらかといえば冷たく、先ほどまでさすっていたくらいだ。

でも僕の手は祖母の手よりは温かかった。

久しぶりに触るおばあちゃんの手は、真冬の外に1時間ほど突っ立っていたかのような冷たさだった。
設定温度が18度とはいえ、暖房がついているこの部屋で祖母の手は凍えるほど冷たかったのだ。

僕の手を離した後、祖母はこう言った。
「今年の冬はぼっけぇ寒い。この冬は何か違うなぁ。」

祖母の言う通り、今年の冬は寒いのかもしれない。
だけど、寒いといっても例年通りでそこまで変わらないはずだ。

変わったのは冬ではない。
僕はそこに“生物の死”を感じた。

続きを読む

【読書メモ:10年後、君に仕事はあるのか?】これから必要な能力とは!?

 

#読書 #再読 #10年後、君に仕事はあるのか? #藤原和博

福山和寿さん(@fukuyamakazutoshi)がシェアした投稿 –

元リクルートでバリバリで働いて、今は教育者になっている藤原和博さんの『10年後、君に仕事はあるのか?』を読みました(再読した)。

子どもを持つ親なら絶対に読んでおいたほうがいい本です。
教育とは未来に向けてやるからこそ意味があって、未来を想定せず、現代の価値観の押し付ける教育は、生きづらい世界にするだけですからね(´・ω・)

いつものごとく、メモに残します“φ(・ω・。*)カキカキ

続きを読む

【読書メモ】『小さなチーム、大きな仕事』と『強いチームはオフィスを捨てる』を読んで

 

#読書 #強いチームはオフィスを捨てる #37シグナルズ

福山和寿さん(@fukuyamakazutoshi)がシェアした投稿 –

37シグナルズというアメリカの企業創業者の本、『小さなチーム、大きな仕事』と『強いチームはオフィスを捨てる』を読みました。

個人や少人数のチームで働かれている方は、とても参考になる内容だと思います〜。
備忘録的にメモを残します(`・ω・´)”

続きを読む

働き方を変えるために僕たちが知っておきたいこと。奴隷的な未来にしないために

働き方を変えるためには?

このサイトではちょいちょい“働き方”に関する記事を書いています。
「定年制度はない方がいいよ」とか「終身雇用をなくす方が良い世の中になりそうだよ」とか「これからは転職するのが当たり前の時代だよ」とかです。

出口治明さんと駒崎弘樹さんの共著、『世界一子供を育てやすい国にしよう』を読んだのですが、本の後半で、“これからの働き方”について網羅的に書かれていたので、メモしたいと思います。

続きを読む

転職が当たり前の時代になってきてる今、その会社に固執する理由はあるの?

転職って当たり前の時代だよ?

一年にどれくらいの人が転職をしているか知っていますか?

総務省統計局の「労働力調査」によると、2016年の転職者は306万人です。
これを見て「え?そんなにいるの?」と思う人もいれば、「まー普通の数だね」と感じる人もいるはずです。

転職に対してプラスのイメージを持つ人もいれば、マイナスのイメージを持つ人もいます。
でもこれからの時代の流れ的には『プラス』のイメージを持っておいたほうがいいと思います。

続きを読む

『人生100年時代のお金の不安がなくなる話』を読んで

人生100年時代のお金の不安がなくなる話

竹中平蔵さんと出口治明さんの本『人生100年時代のお金の不安がなくなる話』を読みました。
この2人の本ですから間違いはないだろうと思い読んだのですが、やっぱり良い本でした笑。

これも学生のうちに読んでおきたい本だなぁ〜としみじみ思ったり。
この本を読むと読まないとでは大学生活かなり変わりそうです(`・ω・´)”

気になったところを備忘録的にメモします。

続きを読む

人が自由を感じるためには何が必要なのか?

人が自由を感じるためには何が必要なのか?

僕もそうですけど、今の社会に窮屈感を感じている人も多いのではないでしょうか?

窮屈さを感じることなく、どうやったら自由に生きることができるのか。
僕はそういうことに興味があったりします。

宮台真司さんの14歳からの社会学を読んで、「なるほどなー」と思うところがあったので、備忘録的に記事に残します。

続きを読む

悪い習慣をやめるには新しい習慣を作るべき

悪い習慣をやめる

誰しも1つくらいはやめたい悪い習慣があると思います。

しかし、悪い習慣とわかっていても、やめられないのが人間なんですね。
今回の記事ではジェレミー・ディーンさんの『良い習慣、悪い習慣』を参考にして、悪い習慣の断ち切り方についてご紹介したいと思います。

続きを読む