高橋洋一さんの『国債の真実』を読んで感じる日本の絶望感

99%の日本人がわかっていない 国債の真実本の感想
スポンサーリンク

高橋洋一さんの『99%の日本人がわかっていない国債の真実』を読みました。

これを読むと、

  • 「国債とは何か?」
  • 「国債を発行するとはどういうことか?」
  • 「国債を発行しても良いのか?」

などなどがすっきりとわかります。それがわかった上で、私は日本に絶望しました。その理由を以下に書いていきます。

スポンサーリンク

国債は発行してOKだし日本は財政破綻しない

この本に書いてあることを簡単にまとめると、

  • 国債を発行してもOK
  • 日本は財政破綻などしない

ということです。

 

多分、新聞などを読む真面目な人ほど

 

どういうことだ!

 

とツッコミを入れたくなるはずです。

  • 「国債は未来への借金じゃないのか?」
  • 「日本は国債発行しすぎて、財政破綻しそうじゃないのか?」

と。

1つずつ説明していきます。

国債を発行してもOKな理由

国債は借金であることは確かです。個人の家庭レベルでいうと『借金=悪』と感じます。

 

しかし、これを会社レベルで考えると『借金=悪』ではないのです。どういうことかというと、会社は銀行からお金を借りて(借金)、そのお金で未来に向けて設備投資をしているからです。

 

政府もこれと同じで、国債を発行して(借金して)、未来に投資していれば、それは借金ではなく投資とみなすこともできます。個人レベルで言っても同じで、借金して家を買うということは、家という資産に投資したとも言えます。ようはこれは見方の問題です。

 

確かに借金して、それを賭け事に使い全部スってしまったら、そこには借金だけが残ります。しかし、借金した以上にリターンが返ってくる投資であれば、借金しても全然問題ないわけです。

つまり、

 

借金したお金を何に使っているのか?

 

が重要なのですね。

政府が国債を発行する理由とは?>

もし国債がなくなったら?

国債は政府の借金であり、国民の借金ではありません。そのため国債が増えれば増えるほど、国民の負担が増えるという価値観はおかしいと高橋氏は言います。

 

それに、『国債=悪』と感じるのであれば、国債を発行しなくなった日本を考えてみてください。もし国債を発行しなければ、政府はお金がなくなってしまいます

 

政府にお金がなくなると、政府のお金で行なっていた公共事業などにお金が回せなくなります。そうなると、政府のお金に頼っていた職業に関わっている組織は倒産、社員はリストラ。つまり、大不況の道です。

 

「政府のお金に頼っている組織なんてなくなってしまえばいい!」と、そんな見方もできますが、そうなるとほとんどの地方自治体が消滅することになります・・・。地方交付税という形で、政府からお金をもらわなければ運営できない自治体がほとんどですから。

日本が財政破綻しない理由

国債発行額は1000兆円を超えました。これは日本のGDPの約2倍です。

 

それってやばくない?

 

と思うのが普通です。私もそう思います。

 

でも、高橋氏曰く日本は財政破綻するわけないとのことです。その理由は、

 

日本が資産を1000兆円以上持っているから

 

です。だから日本が本当にやばくなったら、政府の資産を売却し始めるとのことです。これは確かに99%の日本人がわかってない事実です。

借金がないけれど増税する理由>

なぜ増税と騒がれているのか?

日本が財政破綻しないということがわかりました。それではなぜ増税する必要があるのだと思いますか?

財務省の思惑

その理由は・・・財務省的に、

 

「増税して税金をたくさん集めた方が、各省に対して恩が売れるから」

 

とのことです。

その理由は、税金をたくさん集めて財政再建したいから、ではない。
実は増税すると財務省の予算権限が増えて、各省に対して恩が売れて、はては各省所管の法人への役人の天下り先の確保につながるからだ。
驚いたかもしれないが、こうした思惑があるからこそ、財務省は「いつだってスキあらば増税したい人たち」なのである。p83

資産を売却せずに増税する理由

この記事をここまで読むと、「政府が資産を持っているなら、それ売ればいいんじゃね?増税しなくてもいいんじゃね?」と思うはずです。日本に財政問題があるなら、増税なんかせずに資産売却しなよ!って考えるの当然のことかと。

 

しかし、そんなことはしません。

売れる資産があるのに、裏ずに「増税で借金を返す」と言う、ふざけたロジックになっているのだ。一体なぜなのか。これには裏がある。

日本政府の金融資産は、実は天下り先への出資金、貸付金が非常に多いのだ。となればもう明らかだろう。政府の資産を売るとなれば、当然、官僚が天下り先として確保している特殊法人や政府子会社も処分することになる。p122

つまり、天下り先確保のために政府資産を処分しないということです。

 

財政再建より、自分たちの身の安全。

 

日本のトップの優秀な官僚の方々って・・・そういう思考なんですかね泣

おわりに:この国に感じる絶望感

この本の内容が本当なら(本当だろうけど)、私たち普通の人がいかにメディアによって踊らされているかが分かります。「日本は国債発行してばかりだから、財政破綻するのも時間の問題だ!」なんて嘘なのです。

  1. 国債は多いけど、それ以上に資産があるなら問題なし
  2. いざとなったら資産を売却でOK
  3. でも資産を売却したら天下り先がなくなる
  4. だったら増税しよう☆

日本のトップの人たちがそんな思考でいいのでしょうか・・・。

 

増税をするためにメディアを操り情報操作するなんて・・・(もしかしたらメディアに能力がなく、真実を理解していないだけかもしれませんが)

 

今は子どもの6人に1人が相対的貧困状態にあります。満足に栄養ある食事ができない子供がいるのです。税金がそういう子たちに使われるなら、文句はありません。

 

でも私たちが納める税金は、政府の資産を売却しないため、官僚の天下り先確保のために使われ続けるというのであれば、私は許すことができません。この前の衆議院選で消費税が10%になることがほぼ決まりました。消費税が上がるということは、貧困家庭ほど影響を受けるということです。貧困家庭で育つ子供達には、さらに苦しい生活を強いられるのです。

 

これってなんのための増税なのでしょうか?お金が必要なら、政府資産を売却すればいいじゃないですか。増税しなくたって、今まで通り国債を発行すればいいじゃないですか・・・。これまでの傾向的にも、増税すると景気が悪くことが分かってます。それなのに・・・。

 

いやね、この国を動かしてる人たちはどうなってるんですかね。昔の私は「勉強して頭のいい人たちがこの国を動かしてるから安心!」と思っていました。でも大学生くらいになると気がつきました。

 

頭がいいことと、人間的に優れていることは別だ

 

と。今の時代は、人間的に優れていない頭がいい人が増えすぎたのかもです。司馬遼太郎先生が小説を通して書き続けていたことが胸に響きます。なぜ明治時代の日本人はあれほど優秀だったのに、昭和の日本人はバカになってしまったのか・・・。

 

なんにせよ、この本を読んで私は絶望しました・・・。それでは!

*経済関連記事

コメント