映画『ウインド・リバー』を観て

映画『ウインド・リバー』を観て映画の感想
スポンサーリンク

ジェレミー・レナー主演の『ウインド・リバー』が、プライムビデオにあったので観ました。

厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で見つかった少女の凍死体―。遺体の第一発見者であり地元のベテランハンターのコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は案内役として、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の捜査に協力することに。 ジェーンは慣れない雪山の不安定な気候や隔離されたこの地で多くが未解決事件となる現状を思い知るも、 不審な死の糸口を掴んだコリーと共に捜査を続行する…。

スポンサーリンク

ネイティブアメリカン(先住民)とアメリカ人の闇を描いた映画かと思います。私はその闇について詳しくありませんので、おもしろさを十二分に理解することができませんでしたが、それでも心に引っかかるものがありました。観てよかったと思える映画です。

 

背景知識をまったく知らないと、「悪い男は最低やなー」で終わってしまいます。でもその理解だともったいないです。私としては「なぜ男たちは悪に走らなければならなかったのか?」を、映画を観終えた後に考えていました。

 

やはり隔離された地域だからなのでしょう。そしてその地域に残る人種差別。欲求が満たされない暇さと差別が混ざり合うことで、人の集団は突発的な悪を引き起こすのではないでしょうか。

 

その悪によって被害を受ける善人がいます。しかし、悪を作る環境(世界)に逆らうことは難しいです。主人公はこう言っていました。「世界には勝てない。だから俺は感情と戦う。」

 

変えられるのは自分だけ。自分の感情だけ。娘を亡くした主人公の言葉はひびきますね。娘が亡くなった土地で、その環境で、感情と戦いながら生きていくことを選んだ主人公。つらい。

*プライムビデオを楽しむために必要なもの

絶対に必要なのが『アマゾンのプライム会員』になることです。プライム会員ほどお得なサービスってなかなかないと思います。

→Amazon Prime Video無料体験の新規登録はこちらをクリック(タップ)

プライム会員のメリットについてはこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?
本日も「Gallagher Note」をお読みいただきありがとうございます。 こんにちは、福山です。アマゾンのプライム会...

 

絶対ではありませんがあったら便利なものがFire TV stickです。テレビに接続すれば大きな画面でプライムビデオを楽しむことができます。やはりスマホやタブレットの小さな画面よりは、大画面の方が迫力があるのでオススメです。

私はApple TVを使ってテレビで見ていますが、コスパを考えるとFire TV Stickが一番かと思います。

コメント