就職・転職市場で上位20%の人材になる方法とは?読書がコスパ最高

価値 転職 就活・転職・働くこと
スポンサーリンク

就職活動や転職活動する人で「自分って価値ある存在なのかな?」と迷われている方も多くいると思います。でもそれは仕方ありません。

普通に高校卒業して大学を卒業して、みんなと同じような生き方をしてきて人と差別化するというのは簡単ではありません。

仕事ができる人間というのはほんの数%なんですね。ほとんどの人は特に仕事ができるわけではありません。ではどうやって就職市場、転職市場で自分の価値を引き上げていくか?

このページでは自分の価値を上げていく方法について書いていきます。

転職サイト・エージェントについてはこちらの記事でまとめていますので参考にしてみてください↓↓↓

【転職サイトとエージェントの違い】なぜ転職では複数のサービスを利用するべきなのか?
転職を考えるなら転職サイト・エージェントは複数利用するべきです。 なぜか?これは転職を経験した人にしか分からないことだと思いますが、「あの人ってまじで私の転職のこと考えてくれてるの?」ってなエージェントに当たることがあるからです。 エー...
スポンサーリンク

人がしないことをする

人がしないことをする

そもそもなぜ自分に価値がないかと言うと、自分ができる事はみんなもできるからです。自分が考えている事はみんなも考えているからです。

なんでそんなことになってしまうかと言うと、私たちは長い長い義務教育と高校の教育を受けて、人と同じような行動をすることが脳と体に染み付いてしまったからです。だから人と同じことをするのが当たり前なんですね。逆に言えば人と違うことをする事はすごく怖いんです。

だからこそここに人と差別化をするチャンスがあって、人と違うことをすればすぐに差をつけることができます。

バイトを長いこと続けても身につく能力はそれなり

これは大学生の話になりますが、「私はバイトを3年間続けて・・・ほにゃらら・・・」ということを自己PRとして使う人がいますが、そんな人はいくらでもいるんです。それは差別化にはなりません。

差別化をするためには皆と違うこと、つまりバイトをすぐ辞めて行動をしなければいけません。

リアルな人の声を聞く

私たちはついついネットで全ての情報を調べてしまいます。でもこれはみんながやっています。みんなが検索するキーワードで同じようなものがGoogleの検索結果に上がってきます。

やはりここでも差別化はできません。

そうであるならば現場の生の声を聞く必要があります。例えば就職したい会社で働いてる人の声を聞くことです。

今ではSNSもあるのでそこの会社で働いてる人をすぐに見つけることができます。Facebook・ツイッターなどで礼儀正しく質問をすればきっと返してくれるはずです。

リアルに人に質問する人はほとんどいません。ですからそれをすれば差別化ができます。

本を読むこと

SNSを使って質問するのが怖いと言う方にお勧めなのが本を読むことです。本を読めばその作者のリアルな体験の話を知ることができます。

ここで注意点ですがビジネス本ばかり読まないことです。ビジネス本は多くの人が読みます。もちろん多くの人が読むといっても、本を読む人口はとても少ないので、本を読む人の中でビジネス本を読む人が多いと言うことです。

差別化をするならばビジネス本以外の本を読んだ方が良いでしょう。

特に会社のお偉いさんたちは、歴史の本が好きです。司馬遼太郎さんなどの本を読んでいると、学ぶこともたくさんありますし、会社のお偉いさん達と話す機会があれば、共通の話題として盛り上がることがあるかもしれません。

そして会社のお偉いさんたちは、本を読んでいて教養があるような人を求めています。

おわりに

人と差をつけることっていうのは簡単です。だってほとんどの人は何もしないからです。

ほとんどの人は勉強もしない、本も読まない、運動もしない、他人に質問しない。

だから、このどれかを行動に移せば簡単に差をつけることができます。ということで、すぐにネット検索をやめて、本屋にいくなりをしていただければと思います。

ネットで検索するだけではほとんどの場合『人と差をつけれない』でしょう。ネットの発展により多くの情報が手に入れることができました。

だから本の価値が下がったかのように思います。しかしそれは逆です。

本により価値が出てきたのです。何故かと言うと多くの人はネットで検索すれば全ての情報を手に入れれると信じているからです。

確かにその一面はありますが、ネットだけですべての情報を手に入れると言うのは大きな間違いです。本だからこそ手に入れる情報があり、そこに今価値が出てきているのです。

それと本は誰でも読むことできるものです。誰もができることなんですけど誰もがしない。1500円位で作者が渾身の思いを込めて書いた文章を読むことができます。

これほどコスパが良いことがあるでしょうか。自分より能力の高い人は普通自分とは話してくれません。何故かと言うと話すメリットがないからです。

私たちは自分より上のレベルの人と触れ合うことによって、自分のレベルを上げることができます。経験値を貯めることができます。

しかし自分よりレベルの上の人は自分に興味を持ってくれないと言う難点があります。それを解消してくれるのが本なんですね。そういう意味もあり、私は本を読むべきだと思っております。

「本を買うお金がないよー」という人はこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?
「本を買うお金がない」とか「お金を本に使うのが勿体無い」とか、そういった話を友達やら知人やらネットやら、つまりはいろんな人から耳にします。 そういう話を友達が喋ってくると「格安SIMにしてる?それにするだけでスマホ代はだいぶ削られるよ!」...

*働くこと関連記事

コメント