累進課税のよくある勘違い!1000万円の人の税率が33%になるのは900万円を超えた分だけ

累進課税 勘違い就活・転職・働くこと
スポンサーリンク

「税金が高くなるから年収を高くしてもな・・・」という人がいます。その気持ちは分からなくもないですが、その前に「ちゃんと累進課税の意味を理解してますか?」と問いたい。

 

ということで、このページでは累進課税の計算の仕組みについて書いていきます。これを理解すると「やっぱり年収あげようー!」と思うかもしれません。

 

それにしても、こんなめんどくさくて、分かりづらい仕組みを作ってどうすんのって話ですよねぇ。日本人の何パーセントが理解しているのか・・・。

スポンサーリンク

累進課税は900万円あたりが気になるところ

国税庁の所得税の税率のページを見ると、次のような表が見えます。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円より上で330万円以下10%97,500円
330万円より上で695万円以下20%427,500円
695万円より上で900万円以下23%636,000円
900万円より上で1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円より上で4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円より上45%4,796,000円

とまぁ非常に分かりづらく書かれております笑

 

所得が900万円を境に税率が23%から33%に変わるので、ここを気にされる方が多いのです。

税率が33%になるのは900万円より上の分だけ

勘違いしている人の多くが、年収1000万円だと税率が33%になると思っていることです。これは違います。

 

900万円より上の分だけ税率が33%になります。つまり、100万円だけが税率33%になるということです。

控除額ってどうやって決まるのか?

上の表に控除額がありますが、それはどうやって決まるのでしょうか?これは計算を簡単にするためなんですね。

*1000万円の所得税の決まり方

0~195万まで:5% ⇒97,500円
195~330万まで:10% ⇒135,000円
330~695万まで:20% ⇒730,000円
695~900万まで:23% ⇒471,500円
900~1,000万まで:33% ⇒330,000円

これを合計すると『1,764,000円』になります。でもこれをいちいち計算するのはめんどくさいそこで控除額を使って計算するのです。

(1,000万円×33%)-1,536,000円(1000万円の人の控除額)=1,764,000円

と、先ほどより楽に計算できるのです。

所得税の計算のまとめ

分かりづらいかもしれませんので、計算をまとめます。

 

所得×税率-控除額

 

で、所得税を計算できます!控除されているってのがポイントですね!

おわりに

ということで、税率を気にせずにガンガン年収をあげるのがいいかと思います笑

とりあえずはあんまり税率が変わらない900万円までを目指してみるのがいいですね!!

*参考にしたサイト↓↓↓

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

コメント