富士通の人材配置転換&転職提案とな!変化できる力が試される

スポンサーリンク

富士通が2020年度までに5000人規模の配置転換をするとのことです。それで合わなかったら転職提案もするとのこと。

富士通が5千人配置転換、合わなければ転職提案 (読売新聞)
富士通は26日、2020年度までにグループ全体で5000人規模の配置転換を行うと発表した。対象となるのは総務や経理などの間接部門で、研修を通じて営業職やシステムエンジニアとして育成する。IT(情報技術)サービスなどの成長分野を強化する狙いがある。

 

スキルを鍛えず年齢だけいってる使えない社員さんはガクブルな話でしょうが、会社や社会からすれば喜ばしいこと。

 

労働市場の流動性を高めることは、会社にとっても個人にとってもいいことなんですなー。自分の輝ける場所で働きましょうや!ってことですわ。

 

「ダメだダメだーー」って断固反対の人もいるかもしれませんが、こういう変化を起こしていかないと富士通自体が沈没する可能性もあります。そうなると結局みんな無職になってしまうんです。

スポンサーリンク

対象者が総務や経理ってのが厳しい話

この人員配置は総務や経理の人たちが対象で、この人たちを

  • 営業
  • システムエンジニア

に育成するらしいですわ。

 

まーそりゃそうですもん。経理とかいらないですもん。価値を生み出す職業じゃないですもん。AIでOKですもん。

 

ということで、変化に柔軟に対応しなきゃいけないですな。

 

んでも、プログラミングスクールに通わずに、無料でシステムエンジニアとしての勉強ができるって最高でしょー。その知識を身につけれれば、IT界では引く手数多の人材になります。

コメント