アップルのT2チップとは?→セキュリティが強化されるらしいぞー

apple t2 Apple
スポンサーリンク

いつの間にやらアップル製品はT2チップというものが当たり前になっています。T2チップはセキュリティがウンタラカンタラ・・・ということは知ってるものの詳細はパッパラパー。ということで調べてみました。

 

調べたと言っても、アップル公式サイトにある記事を読んだだけ笑

Apple T2 セキュリティチップを搭載した Mac コンピュータ
Apple T2 セキュリティチップは、新しい水準の統合とセキュリティを Mac にもたらします。

T2チップが使われているアップル製品は以下の通り。

  • iMac Pro
  • Mac mini(2018年モデル)
  • MacBook Air(2018年モデル)
  • MacBook Pro(2018年モデル)

T2チップが当たり前かと思っていましたが、当たり前になったのは2018年秋の製品発売以来なんですなー。

 

技術的なことは分かりませんが、とりあえずセキュリティが強化されているみたいです笑

 

ただし、セキュリティが強化された分、修理なんかが複雑になってまして、アップル以外の業者では修理ができないっぽいです。

T2チップのせいでApple以外の業者はMacを修理できなくなる
2018年以降モデルMacに搭載されているセキュリティ用のチップ「T2」が、端末の主要なパーツの認証プロセスに関わるため、Apple以外の業者による部品交換ができなくなる可能性が指摘されています。

まー、修理するときはセキュリティ面を考えてアップルさんで直しますから、個人的にはそこまで問題ではないなーという感じ。

 

それにしても、アップルさんは個人情報をガンガン守る姿勢が見れていいですなー。グーグルさんやフェイスブックさんの「個人情報でガンガン稼ぐで!」というスタンスと大違い。

 

まぁ、知られても困る個人情報なんてそんなにないのですけれどね^^;

 

Apple製品やiTunesストア利用の際はポイントサイトを使えばお得に購入できます。その方法はこちら→→→アップル製品やアプリをお得に購入する方法

コメント