Thunderbolt3とUSB-Cの違いについて【Mac使いなら知っておきたいこと】

Thunderbolt3 USB-C 違い Apple
スポンサーリンク

Mac mini 2018を購入しました。新しいMac miniにはなんとThunderbolt3ポートが4つもついているのです!!

 

「ありスギィ!!」

 

Thunderbolt2の知識で止まっていたので、Thunderbolt3とUSB-Cの違いがよく分からない私。ということで、違いを調べてみましたのでこのページにてまとめていきたいと思います。

 

*このページの内容は話が難しくなりそうなので、マイルドにするためにもキャラクターを使います。

質問担当がこちら↓↓↓

ぶたさん
ぶたさん

気になるところが見つかったらワイが質問していくでー。

解説担当がこちら↓↓↓

とりさん
とりさん

できる限り分かりやすくなるような解説を心がけるよ!

キャラクターを使うことで少しでも分かりやすくなれば幸いです。

スポンサーリンク

USB-CとはUSBの形状のこと

「USB-Cだから高速だぜーー!」というわけではありません。

 

USB-Cとは、USBの新しい形状のことです。世界的に「端子がいろいろとあって分かりづらいから、1つにしていこうぜー!USB-Cの形でいいだろー!」という流れなのです。

ぶたさん
ぶたさん

え?騙された!USB-Cだからといって高速ってわけじゃないの?

とりさん
とりさん

そうなんだ。後述するけれど、USB-C=USB-3じゃないことに注意が必要だね。

USB-C=USB3とは限らない

先に書いた通り、USB-CはただのUSBの形状です。ですから、『USB-C=USB3』ではありません。

ぶたさん
ぶたさん

あぶねー。騙されるところだったぜ。

USB-Cは基本的にUSB2.0

残念な話なのですが、USB-Cといっても性能的にはUSB2.0が多いです^^;

 

製品によって、下記の機能が追加されています。

  • USB 3.1 Gen1(USB 3.0)
  • USB 3.1 Gen2
  • Alt Mode(DisplayPortやThunderboltなど)
  • USB PD(USB Power Delivery:USBで充電可能ってこと)

 

ということで、「USB-Cって高速なんやろ?よっしゃUSB-Cにしたるで!」というまえに、その製品がUSB 3.1 Gen1かGen2であることを確認しましょう。

とりさん
とりさん

USB-Cの製品を購入する前に、USB3に対応しているかチェックやで!

ぶたさん
ぶたさん

了解!

Thunderbolt3はUSB-Cの形状を採用した

ThunderboltはAppleとIntelが共同開発したものでして素晴らしい技術なのです。しかし、汎用性が超低いのです。

 

Thunderboltという素晴らしい技術が開発されたものの、使える製品はほとんどApple製品に限られていました・・・。

 

しかし、とうとうアップルが折れたのか、Thunderbolt3からUSB-Cの規格を採用することにしたのです!

Thunderbolt3(USB-C)の表記が意味するもの

2017年以降のMac製品はThunderbolt3が積極的に使われております。表記として『Thunderbolt3(USB-C)』と書かれていますが、まぁ分かりにくいですねぇ。

 

Thunderbolt3とUSB-Cのどっちなんだよ!」と突っ込みたくなります。

 

でも、ここまでこの記事を読めばもうなんとなくお分かりだと思います。

 

Thunderbolt3という優れた技術に対応したUSB-Cだよー」ということです。ですから、これの逆は成り立ちません。USB-Cだからと言ってThunderbolt3を使えるわけではないんですね。

ぶたさん
ぶたさん

Thunderbolt3を使いたかったら、Thunderbolt3機能がついているUSB-Cの製品をチェックしろってことやね!

とりさん
とりさん

そういうこと!(まぁ・・・そんな製品はまだまだ全然ないのだけれど・・・笑)

Thunderbolt3の転送速度

Thunderbolt3の転送速度

Thunderbolt3はThunderbolt2の2倍の最大40Gb/sの転送速度を持っております。(1秒間に40ギガを転送するってこと)

Thunderbolt340Gb/s
Thunderbolt220Gb/s
USB3.110Gb/s
USB35Gb/s

詳しくはアップル公式サイトを↓

Thunderbolt
Thunderbolt 3は、データ転送、充電、ビデオ出力の機能を1つのコネクタに集約しています。帯域幅はThunderbolt 2の2倍です。

インテルのサイトも参考になります↓

Thunderbolt™ 3 テクノロジー
フル 4K UHD ビデオ体験、単一ケーブルでのドッキング、外部グラフィックス、ネットワーキングを実現する Thunderbolt™ 3 テクノロジーの新たな活用方法をご確認ください。

Thunderbolt3は変換ケーブルがあればどんなデバイスにも接続できる

Thunderbolt3は、USB-C規格のものであればほとんどの規格で使うことができます。たぶんこれがThunderbolt3の一番すごいところ

 

またThunderbolt3は、変換ケーブルさえあれば

  • Thunderbolt2
  • USB-A(USB3.1 Gen2にも対応)
  • Lightning
  • Micro-B
  • Mini-B
  • Ethernet
  • HDMI
  • DisplayPort
  • VGA
  • SD
  • DVI

を使うことができます。

Thunderbolt3(USB-C)は変換ケーブルさえあればほぼなんでも対応できるのがいいところ!

ぶたさん
ぶたさん

Thunderbolt3って最強じゃん!何にでも使えるじゃん!

とりさん
とりさん

そうなんだ!さすがはThunderbolt3やね!(変換ケーブルが地味に高かったりする)

4Kディスプレイ、5Kディスプレイを使いたいならThunderbolt3

ディスプレイの画像が綺麗になればなるほど高速なデータ転送が必要になります。だからこそ、ここでThunderbolt3が活きてきます!

Thunderbolt3 ディスプレイ

Thunderbolt3だと5Kディスプレイが2台つけれるそうな。

Thunderbolt3をフルに使うにはケーブルの長さが問題

Thunderbolt3の機能をフルに使おうと思えば、『出来るだけ短いケーブル』じゃないとダメなそうな^^;

 

長くなれば転送速度が落ちるようですので、最速を求めたい方は短めのケーブルを購入しましょう。

ぶたさん
ぶたさん

0.5mはかなり短いねー。

とりさん
とりさん

そうだねー。デスク周りを綺麗にしておかないとだね^^;

おわりに

いやー、USB-Cは複雑ですわ。でもこれからはどんどんUSB-Cが普及されていき、USB3が当たり前になるでしょうから、そこまで頭を抱える必要はなさそうですね。

 

USB-C、USB-3の転換期の今だからこそややこしい!もう2年くらい経てばスッキリしてるんじゃないかと思ってますー。

 

その頃にはUSB-C規格のThunderbolt4とかが出て、またちょっと混乱しそうですけれども笑

 

そろそろ5G回線も登場しそうですし、「そもそもケーブルでつなぐって笑」みたいな時代もくるかもですね〜。いやー、未来が楽しみです〜。

コメント