【レビュー】Mac mini 2018を購入!MacBook Pro2015から乗り換えたけどサクサクすぎる!

Mac mini 2018 購入 Mac
スポンサーリンク

新しくなったMac mini 2018。値段はミニではありません。

 

購入しようか迷っていたのですが、購入しましたー^^
一言でいうなら、「最高だ!」です。いやー、新しいアップル製品は心を躍らせてくれますね〜。

 

ということで、拙いですが、Mac mini2018のレビューをしようと思います。

 

追記:Mac mini 2018を1週間使ってみての評価>

スポンサーリンク

購入したMac mini 2018は一番低いスペック

mac mini 2018 レビュー

私が購入したMac mini 2018は一番スペックの低いやつです。10万円を切るやつですね。

  • 3.6GHzクアッドコア第8世代Intel Core i3プロセッサ
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • Intel UHD Graphics 630
  • 128GB PCIeベースSSDストレージ

スペックはこれです。

 

もちろん、

  • 「メモリは最低16GBは欲しいなー」
  • 「SSDは256GBは欲しいー」

という欲望はありました。めっちゃありました。

 

でも、その欲望を抑えて、一番下のスペックのMac miniを購入しました。その理由はというと、

 

ヒトの欲望は無限だから

 

です笑

 

上を見たらきりがありません。上を見るならiMac Proを購入しろよ!という話なんですわ笑

 

Mac mini 2018 購入

愛しのMac miniちゃん。

 

ちなみにMac mini 2018の上位モデルですと、

  • 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • Intel UHD Graphics 630
  • 256GB PCIeベースSSDストレージ

んで、お値段122,800円(税抜き)になります。メモリは同じ8GBですが、プロセッサがCore i5の6コアになり、256GBにパワーアップする感じ。

 

表にすると下の通り。

 Mac mini 下位モデルMac mini 上位モデル
プロセッサ3.6GHzクアッドコア3.0GHz 6コア
メモリ8GB8GB
SSD128GB256GB
値段(税別)89,800122,800

お値段もパワーアップですなぁ^^;

動画編集も音楽制作もしない

それに私、動画編集も音楽制作もしないのです。ネットを見るのと、ブログ記事を書くのくらいなんですわ。それだけでしたら、今まで使っていたMacBook Pro 2015でも十分だったんですなー。

 

「そろそろ買い換えとくか」くらいの気持ちでしたので、そこまで高スペックのパソコンは求めていなかったのです。

 

もちろん、「YouTuberになるぜ!」とか、動画編集をガンガンやらないといけない人は、もっと上のスペックのMac miniを買いましょう。Mac mini 2018だとGPUというのが足りませんので、GPUを強化する“あれ”も買っちゃいましょう。

Blackmagic eGPU Pro>

一番下のスペックのMac mini 2018でもサクサクだー!

一番下のスペックのMac miniでも超サクサクです。

私が使っていた前のMacBook Proのスペックは、

  • Early 2015
  • プロセッサ:2.7 GHz Core i5
  • メモリ:8GB 1867 MHz DDR3
  • ストレージ:SSD128GB

になります。こちらと比較してもサクサク

 

MacBook Proですと、Safariでタブを20個ほど開いて、iTunesを起動して、メールアプリを使っていると、若干もっさりしてきたいました。

 

しかし、Mac mini 2018ですと、上記に加えて、Evernoteアプリ、mind mapアプリ、Chromアプリを開いてもサクサクなんですわ。

スポンサーリンク

メモリ8GBでもDDR3からDDR4の進化はすごいのかも!

「メモリ8GBでも大丈夫かなー」と心配していたのですが、杞憂に終わりました。

 

8GB 1867 MHz DDR3→8GB 2667 MHz DDR4の進化はすごいのかもしれません!

 

ちなみに、Mac mini 2018は後付けでメモリを取り付けることもできますが、大変なので素人はお勧めできません。

Mac mini 2018のメモリ交換について>

SSDのWRITE値とREAD値も大幅にアップ

SSDも進化しているためか、SSDのWRITE値とREAD値も超早くなっていました。これがPCIeベースのSSDのパワーなのかーと感じております。メモリの進化だけじゃなく、SSDの進化もサクサク感に貢献しているのでしょう。

購入前に、「Mac mini 2018はSSD容量によって速度が違うから256GBのほうがいいぞー」みたいな情報があったのですが、これなら128GBでも全然問題ないですわ。

Mac mini 2018のSSD容量の速度変化について>

 

ちなみに、Mac mini 2014の外付けSSD起動とMacBook Pro 2015とのWRITE値とREAD値を表にするとこんな感じ。

 WRITE値READ値
Mac mini 2014 256GB約360MB/S約420MB/s
MacBook Pro 2015 128GB約340MB/s約970MB/s
Mac mini 2018 128GB約830MB/s約2500MB/s

と、Mac mini 2018が圧倒的に早くなっていることが分かります。MacBook Pro 2015と比べてもWRITE値もREAD値も2倍以上に高速化。科学の進化ってすごい。

USB3のBluetooth電波干渉問題も解決

Mac mini 2014は、USB3をつなぐと電波が干渉してBluetoothがうまく使えなくなっていました。ですから、Bluetoothのマウスやらキーボードがうまく使えなかったのです!

 

Mac mini 2018は今のところ電波干渉は全く感じられません。ヨカッタヨカッタ。

 

USB3とBluetooth電波干渉問題について>

Mac mini 2018の良くない点

Mac mini 2018の良い面ばかりを見てきましたが、悪い面も指摘しておきましょう。

スポンサーリンク

USB-Aが2つしかないぞー

mac mini 2018 usb

Thunderbolt3(USB-C)の端子は4つもあります。iMac 2017でも2つしかないのに、Mac mini 2018は4つもあるのです!

 

ただし・・・USB-Aタイプの端子は2つしかないのです^^;

を使ってしまえば、USB-Aの端子を使い切ってしまうのです^^;

 

これだとiPhoneとMac miniちゃんを繋げないのですー。いちいち取り外すのめんどくさいし。

ということで、このようなUSB-CをUSB-Aに変換するものが欲しくなってしまいます。

モニター・キーボード・マウスが必要

当然のことながら、Mac miniにはモニター・キーボード・マウスがついてきません。

 

ですから、これらをもろもろ揃えちゃうと余裕で10万円は突破していきます。そうなると・・・「MacBook ProとかMacBook Airでいいんじゃね?」という気持ちが出てきますなぁ。

 

  • Retinaディスプレイが嫌!
  • 好きなキーボード・マウスを使いたい!

という方にとってはMac miniは最高ですけれど、特にこだわりはない方にとってはMac miniのコスパは悪めかと^^;

おわりに:Mac mini 2018にして大満足

Mac mini 2018にして、私は大満足です〜。やはりサクサク動くのはいいですなぁ。

 

Safariでタブをたくさん開いても、アプリをたくさん起動しても、サクサク動いてくれるのはやっぱりいいものですなー。

 

Mac miniちゃんを長く使っていこうと思います!そのために排熱対策もちょこっとしております。

mac mini 排熱対策

こんな感じにアルミのラックに乗せて、吸気口を塞がないようにしています。こちらのアルミラックはMac mini 2014で使っていたものです。

Mac miniの排熱対策について>

 

ということで、Mac miniを購入しようか迷われているマイノリティーな方向けの記事でした笑。たぶん私はもうMacBook系は買わないかと思います。

  • 家はMac mini or iMac
  • 外ではほとんどのノートパソコンの性能を越えると言われるiPad Pro

を使おうかなーと考えています。

 

それでは!

 

Apple製品やiTunesストア利用の際はポイントサイトを使えばお得に購入できます。その方法はこちら→→→アップル製品やアプリをお得に購入する方法

コメント