Mac miniの起動ディスクをHDDから外付けSSDにしたら爆速になった件!もうHDDには戻れないよ?

スポンサーリンク

Mac miniのOSの起動をHDDからSSDにしました。
そうしたら・・・・

爆速!!』もうすっごく早くなったのです。
これはもうHDDに戻れません。Mac miniの起動ディスクをHDDにしている人は是非とも外付けSSDにしてみるべきです!

ということで今回は『Mac miniに外付けSSDをつけて、OSの起動を外付けSSDかにする方法』について書いていきます。

スポンサーリンク

Macの起動ディスクがSSDからHDDに戻った時の絶望感

mac mini

ぼくのMac miniは2014年に発売されたもので、OSはEl Capitan、メモリは8GB、ストレージは1TBのHDDなのです。

以前使っていたMacはMacBook Air(2013年)、OSはYosemite、メモリ4GB、ストレージは128GBのSSDでした。

買い替えた理由はメモリがもっと欲しかったから!

4GBじゃねぇ、iTunesで音楽聞きながらの作業が結構きついんですよね。
だから次のMacを買うときは4GB以上と思っていて、ただ「16GBも必要ないよなぁ〜」と思って間をとってメモリを8GBにしました。

んで、もう動き回りながらパソコンをカチャカチャする生活ではなくなったので、MacBookは必要なく、iMacかMac miniにすることにしました。
どっちにしようかなぁと迷ったのですが、Magic Mouseもwireless keyboardも持ってるのでMac miniに決めたのです。

んでMac miniのストレージをHDDにしようか、少し奮発してフュージョンドライブにするべきか、どうしようかなぁと迷った挙句、選び方に失敗したのです(´・ω・)

『フュージョンドライブにするべきだった・・・・』

購入する前は、別にHDDで少しくらい起動が遅くても気にならないだろう!って思ってたんですが、SSDの爆速感を体験しておくと、もうSSDからHDDには戻れませんわ。

OSの起動は全然気にならないんですが、アプリの起動がボディーブローのようにじわじわと効いてきて、それがストレスになるんですよね。
SSDだったらアプリをクリックして「ぴょんぴょんぴょん」くらいで起動してたのですが、HDDは『ぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょん・・・』

起動の差が2倍どころじゃないんです!

これには我慢できなくなったので対策を考えることに。

Mac miniに外付けSSDを接続・起動でストレスフリーの環境へ

hddからssdへ

本来ならFusion Driveが最も良いのでしょうが、今更どうしようもないので外付けSSDで高速化することにしました。(Mac mini2014はメモリもストレージも交換できないのでござる・・・。)

スポンサーリンク

Mac mini高速化に必要なSSDとSSDケース

外付けSSDって高そうだなぁと思ったんですけど、今ならかなり安く買えました。
Thunderbolt接続の場合は結構値段がするのですが、USB3.0接続のものなら容量にもよりますが、256GBのSSDとケースで一万円くらいでした。

これ、だいぶ安くないですか?Appleの公式でオプションで256GBにしたら数万円は取られるよ(´・ω・)
ぼくが購入したSSDは『Samsung 850EVOベーシックキット』。
なんと安心の5年間保証なのです!

SSDケースは『ORICO』のモノを選びました。

購入したのはこの2つ。

ケースを選んだポイントは『UASP』に対応していること。
USB3.0の性能を最大限まで引き出してくれるのがUASPという機能らしいです。(詳しいことは知らない笑)

thumb_IMG_1136_1024

化粧箱もなかなか素敵。

thumb_IMG_1137_1024

開封して、SSDケースの中にSSDをポイっと。

thumb_IMG_1138_1024

こんなに簡単なの?ってくらい簡単に装着できました。

thumb_IMG_1139_1024

USB3.0対応のケーブルも付いてくるので安心なのです。

MacOSのダウンロードとインストール

さてOS(ぼくの場合はEl Capitan)をApp StoreからMacに内蔵されているHDDにダウンロードしましょう(ちなみに今はMacOS Sierraにしています)。
SSDの化粧箱を開けるなどの作業をしている間にダウンロードしておくと効率的です!

SSDをセットしたSSDケースとMacを接続します。
接続後、「読み取れません」的なダイアログが出てくるので、「無視」をクリックです。

それではディスクユーティリティから外付けSSDをフォーマットします。

Monosnap 2016-06-27 19-40-36

フォーマットするSSDを選択し、「消去タブ」→「名前(なんでもいい)」→「消去」のクリックの順に進めます。
これでフォーマットは完了なので、先ほどダウンロードしておいたOSのインストールを行います。
インストール先はもちろんSSDを指定します(`・ω・´)”

インストールを実行したら1時間後くらいには再起動されて、外付けSSDからOSが起動していると思います。もし内蔵HDDのOSから起動してしまったら、再起動する際にoptionを押しながら再起動してください。
もしくは、システム環境設定から起動ディスクを外付けSSDに指定して再起動をしてください。

スポンサーリンク

アプリの移行と初期設定

外付けSSDから起動したらMacの移行画面になります。

thumb_IMG_1141_1024

「Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」を選択して次へ進みます。
転送元のHDDを選択してデータを移行させてください。ぼくの場合はここで1時間ほどかかりました。

HDDからSSDヘ!そのベンチマークの計測結果

さてさて、早速SSDのパワーというものを見てみましょう。

まずはBeforeの内蔵HDDのベンチマークから。

Blackmagic Design Disk Speed Test 2016-06-26 17-14-57

まぁこのくらいですな。

それではお待ちかね、SSDのベンチマーク結果を、

Blackmagic Design Disk Speed Test 2016-06-26 19-03-31

ドドーーーーーーーーンン

これがSSDの力じゃい!!!!もちろんOSの起動もアプリの起動もすっごく早くなりました!
前使ってたSSD搭載のMacBook Airと同じくらいの体感速度です。
まさに圧倒的。そう圧倒的(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

まとめ

悪いことは言いません。
HDDでOSを起動しているあなた、今すぐ外付けSSDにしましょう!
このストレスフリーな世界へカモン

*Mac関連記事

追記

USB3.0をMac miniに繋ぐとWi-FiとBluetoothに通信障害が出ます・゜・(ノД`)
SSDに換装される方は一応このデメリットを知っておいてください

ちなみに僕はというと、Mac miniとSSDのケープルを長くすることにより、この通信障害をケアしており、ほぼ問題なく使えています(`・ω・´)”
通信障害対策については→【Mac mini】起動ディスクを外付けSSDにして気づいたメリット・デメリット

個人的には通信障害のデメリットを差し引いても、HDDからSSDにして良かったと思っています。処理が重たいのはすごくストレスになりますからね〜。

追記2

MacBook Proにしました。
SSDからの新型メモリで1600MHzから1867MHzの8GBになったら、超最高になりました。
同じメモリ8GBでもここまで違うんだなって感じです(`・ω・´)”

2015年製のMacBook Proですが言うこと無しです!
詳しくは『メモリが1600MHzから1867MHzに進化したら作業環境がサクサクへ!MacBook Pro2015のレビュー』を参考にしてください。

こちらの記事もどうぞ

1.アマゾンプライムがお得すぎる→【最新版】超お得なプライム会員11のメリット!デメリットあるの?


2.僕が使ってるクレジットカードとポイント還元サイト→毎日のお買い物がちょっとお得になるクレジットカードとポイント還元サイト


3.スマホ代に月々8000円はもったいないです。他のことに使いましょ!→本を買うお金がない?ちゃんと格安SIMにしてスマホ代削ってる?


4.人生の糧になったもの→オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど


メルマガも始めたので、僕と絡みたい方はぜひご登録を!


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。