前澤社長やすしざんまい社長から学ぶ新しい広告宣伝費のかけかた

スポンサーリンク

新年から興味深いニュースが飛び込んできますねぇ。

すしざんまいの社長が270kgのマグロに3億円を出しました。過去最高額だそうです。それまでの最高額が1億5000万円くらいでしたので、その2倍です笑。んで、そのマグロで提供するお寿司は通常の価格だそうでして、こりゃすごい。寿司を食べる人もハッピー、すしざんまいとしても企業イメージアップですのでハッピー、そしてマグロを一本釣りした人もハッピーなのです。下手にCMとかに広告宣伝費を使うよりは断然効果的な使い方だと思います。

 

 

ゾゾの前澤社長がお年玉企画をしておりました。1億円プレゼントでして、ツイッターをフォローアンドリツイートした人100名に100万円をプレゼントなのです。んで、前澤社長のフォロワーはうなぎのぼりかつ、リツイートも歴代最高くらいの回数ですって。いやー、1億円かけるとしたら、こういう使い方が現代にあってるなーという感じです。でもこれってある意味、お金でフォロワーを買ってるようなものでして、いいのかなー?という若干の疑いはあるわけですけれども。

 

んで予想ですが、前澤社長はこのあと、日本一急速にフォロワーが減少した人にもなるでしょう。いろいろな記録を作りますなーと思ったり。にしても、うまい広告費のかけ方ですよねー。日本の昔ながらの大企業では絶対にできない戦術ですから。

 

それでは!

 

追記)2018年1月9日

ツイッターのルールには引っかからないようです。ツイッタージャパンが「利用規約に違反してないよー」と明言したとのことです。

Twitter日本法人、ZOZO前澤社長の1億円キャンペーンは「規約違反ではない」と明言 - Engadget Japanese
ファッションEC大手、ZOZOの前澤友作社長による『1億円キャンペーン』が世間を賑わせています。 前澤氏個人のTwitterアカウントをフォローし、かつキャンペーンに関する投稿をリツイートした人の中から100名に100万円づつ、計1億円をプレゼントするという内容です。 これについて一部メディアは「『Twitter....

コメント