【mophie powerstation USB-C XXL レビュー】19500mAhのPD対応モバイルバッテリー

ガジェット
スポンサーリンク

モバイルバッテリーが古くなってきたので、新しいのに買い換えることにしました。で、どれにしようかと迷いに迷いまくった結果、割高感は否めない『mophie powerstation USB-C XXLユニバーサルバッテリー』にしました。アップルストアで売られているやつですね。

 

ということで、レビューを書いていきます。ちなみに、特にこだわりがない方は、Ankerのコスパ良しのモバイルバッテリーを購入することをお勧めします笑

 

本文に入る前に、結論を書いておきます。

  • MacBookやiPad Proなどを充電したいならオススメ
  • 最大30Wの速さで充電できるのが良い
  • パススルー充電ができるため、MacやiPadを先に充電してからモバイルバッテリーを充電できるという便利さがある
  • 大容量ゆえに重いというデメリットもある
スポンサーリンク

1 mophie powerstation USB-C XXLの外観と付属品

19500mAhのモバイルバッテリーゆえに大きいです。

iPhone 11と同じくらいの大きさです↓

iPhone 11のバッテリー容量が3110mAhなので、単純計算すると6回は充電できます。

 

手に取ってみるとずっしりとした重さがあります。重さを計ってみると、392gでした。重いですが、このバッテリー容量でこのサイズ感は優秀かと。

肌触りがいいです。機械感が少ないです。女性がこれを使っていたら、「iPhoneにカバーしてるのかな?」と思っちゃいそうです。

 

付属品は、次の2つのケーブルがついてきます↓

  • USB-C – USB-Cケーブル(1m)
  • USB-A – USB-Cケーブル(1m)

 

公式の動画↓

mophie powerstation USB-C XXL

動画では白いケーブルとなっていますが、付属のケーブルは黒いです。

2 mophie powerstation USB-C XXLは最高30Wの速さで充電&パススルー充電ができる

USB-CのPD(PowerDelivery)に対応しているので、最大30Wの急速充電ができます。ですから、MacBookやiPad Proにうってつけのモバイルバッテリーなのです。(USB-Aだと最大12Wです)

 

またmophie powerstation USB-C XXLはパススルー充電が行えます。パススルー充電がなにかというと、電源からmophie powerstation USB-C XXLをつなぎ、そこからMacBookなどに接続すると、まず先にMacBookから充電され、充電が完了するとmophie powerstation USB-C XXLの充電が始まるという仕組みです。これだと「あ、モバイルバッテリーの充電をし忘れた!」ということがなくなります。痒いところに手が届く機能ですね。

3 mophie powerstation USB-C XXLのレビューまとめ

mophie powerstation USB-C XXLについて書いてきました。大容量モバイルバッテリーを探すとなると、これより安い製品はたくさんありますので、「絶対にmophie powerstation USB-C XXLがいいんや!」とは言えません。ただ、バッテリーが大容量ということは『もしも』のことを考えると安全性が高いやつを選んでおきたいところです。ということで、割高だけれども、Appleの公式サイトに商品が載るくらいに厳しい審査に通ったであろうmophie powerstation USB-C XXLを選びました。(大容量で3000円弱のモバイルバッテリーはちょっと怖いのです😅)

 

さて、mophie powerstation USB-C XXLについて簡単にまとめますと↓

  • 19500mAhと大容量
  • 最大30Wで充電可能
  • パススルー充電という痒いとこに手が届く機能つき
  • 400g弱なので持つと重い
  • 普段使いというよりは、小旅行などに大活躍するモバイルバッテリー

参考までに。それでは!

コメント