2021年iPad ProにM1チップが搭載されたぞ!

iPad
スポンサーリンク

2021年4月21日、Appleのイベントで新製品が発表されました。盛りだくさんの内容でした。

  • AirTag
  • A12Bionic搭載のApple TV
  • 全7色のカラーバリエーションを備えたM1チップ搭載の24インチiMac

このあたりは予想通り。まぁそうなるわな、と。

で、驚いたのがiPad Proです。予想ではA14Xチップが搭載されるのだろうなーと思っていたら、なんとM1チップが搭載されました。 12.9インチも11インチも両方M1チップです。

まじか…。M1チップの恐るべき性能が、iPad Proにも搭載されるのか。MacとiPad Proの垣根がなくなる未来が本当に見えてきました。いやー、すげー。

スポンサーリンク

M1チップiPad Proのスペック

簡単にM1チップiPad Proのスペックをまとめてみます。

  • M1チップ(CPU50%↑、GPU40%↑)
  • ストレージ最大2TB
  • Thunderboltポート(6K出力対応)
  • Wi-Fi6、セルラー5G通信
  • フロントカメラが12MPで超広角

という感じ。

ミニLEDは12.9インチのみ

ミニLEDに対応したのは12.9インチのみなので、ご注意ください。

RAMは容量によって違う

RAMは容量によって違います。

  • 8GB:128GB、256GB、512GBのモデル
  • 16GB: 1TB、2TBのモデル

ミニLEDなのにそこまで値段は高くならなかった

ミニLED搭載ということで、12.9iPad Proの値段はグーンと上がるのかと思っていましたが、そこまで高くなりませんでした。いやはや、これ、めちゃくちゃよくないですか?欲しいっす。

コメント