【Mac】OBSを使ってYouTubeのライブ配信を行う方法

Mac
スポンサーリンク

Macを使ってZOOMミーティングをYouTubeライブに配信できないかな?と思いまして、いろいろやってみたらできましたので、試行錯誤の結果を備忘録的に残します。まず先に言っておくと、Macだと大変です笑。安いWindowsを購入する方が早く配信できるかもしれません。

で、結論を書いておくと、2つの方法があります↓

  1. アプリかオーディオインターフェースにお金を払えば簡単に配信できる(1〜2時間くらいで設定できると思います)
  2. 無料アプリだけでやろうとすると、すごく大変(macOSのバージョンに依存するので、macOSをアップデートするたびに無料アプリが使えなくなる可能性が高いです)

「MacでOBSのライブ配信をしたい!」という強い要望があるのであれば、『お金を払う』方法をオススメします。

スポンサーリンク

1. MacでOBSを使うのが大変な理由

まずは、『なぜMacでOBSを使ってライブ配信をするのが難しいのかの理由』について書いていきます。

端的にいえば、Macだと『映像は配信できるけれど音声がうまく配信できない』のです。音声についてもう少し具体的にいうと、『マイクの音は配信できるけれど、Mac内で流れている音を配信できない』のです。

ライブ配信などする場合、マイクの音とMac内で流れる音を合わせなければならないのですが、Macにはそのような『音声ミキサー』アプリが標準搭載されていません。ですから、MacユーザーがOBSを使ってYouTube等で配信するのであれば、音声ミキサーを導入する必要があります。

逆に言うと、音声ミキサーのアプリかハードを持っていれば簡単にOBSで配信できます。

2. 無料アプリでMacでOBSを使ってYouTubeライブ配信をする方法はオススメできない

まずは無料アプリで行う方法なのですが、以下の2つのアプリが必要です。(仮想オーディオデバイスと呼ばれたりします)

  1. Soundflower
  2. Ladiocast

この2つのアプリ、私も以前は使っていました。この2つのアプリを使うことで、マイクの音声とMac内で流れる音声をミックスできます。とても便利なアプリです。

でも、いまは使っていません。というのも、macOSをアップデートするたびに『使えなくなる』問題が高確率で発生するからです。その煩わしさにいまは使うのをやめています。

「どうしても無料アプリがいいんや!」という方は、2つの無料アプリをMacにインストールした後、以下の記事を参考にしてみてください↓

Macから流れる音と自分の声を録音(録画)する方法

3. Loopbackアプリかオーディオインターフェースを使うと簡単

ではここからがオススメの方法です。

結論から言うと、次の2つのどちらかを購入してください↓

  • Loopbackアプリ
  • オーディオインターフェース(オススメはUR22c)

3.1. Loopbackアプリは1万円くらい

Loopback - Cable-free audio routing for Mac
Get all the power of a high-end studio mixing board, right inside your Mac!

Loopbackアプリは1万円くらいします。このアプリを使えば、Mac内の音を取り込めるようになります。つまり、『マイクの音+Mac内の音をミックス』できるようになるわけです

3.2. オーディオインターフェースUR22Cをオススメする

Loopbackアプリでもいいのですが、私はオーディオインターフェースUR22Cをオススメします。

2万円弱するのでLoopbackアプリより高いのですが、後々のことを考えるとこちらの方がいいのではないかなー、と思っています。

オーディオインターフェースUR22Cを使うメリットをあげますと↓

  • ダイナミックマイクを繋げられるので、より高音質で音を入力できる
  • 音のミックスをUR22Cがやってくれるので、Macに負荷をかけづらい

とまぁ、オーディオインターフェースを持っておくとイロイロと使えます。

デメリットもあげますと↓

  • 出費が増える
  • 場所を取る
  • 専用アプリ等のインストールが必要なため、再起動が4回ほど必要になる。(専用アプリをインストール、再起動を含めて1時間ほどかかるはずです)

とまぁ、めんどうなことも結構あります笑

3.3. Loopbackアプリとオーディオインターフェースはどちらがいいのか?

では、Loopbackアプリとオーディオインターフェースはどちらがいいのか?と言いますと、

  • 面倒なことは嫌な人→Loopbackアプリ
  • 多少面倒でも今後のことを考える人→オーディオインターフェース

かな、と思います。

4. OBSを使ってYouTubeでライブ配信するための設定

Loopbackアプリか、オーディオインターフェースUR22Cのどちらかを購入したことを前提に、話を進めていきます。

4.1. OBSの音声設定

OBSをインストールしたら、音声設定をします。

OBSを開くと右下に『設定』があるので、これをクリックします。

左側の『音声』をクリックするとこんな画面になりますので、『デスクトップ音声』と『マイク音声』を選択していきます。私はUR44C(UR22Cの上位版)を使っていますので、画像のような設定になっております。

4.2. 配信したい映像の設定

続いて、配信したい映像を設定します。

『ソース』の下に+マークがあるので、これをクリックします。

すると、『どこからの映像を取り込むのか』の選択ができるようになります。どれでもいいのですが、分かりやすいのは『ウィンドウキャプチャ』です。

いろいろ選んでみると、直感的に「あー、こういうことね」と分かるはずなので、適当にぽちぽちと触ってみてください。

4.3. YouTubeと連携させる

音声と映像の設定ができたら、続いてOBSをYouTubeと連携させます。

まずは、YouTubeでライブ配信画面にいきます。(YouTubeのアカウントで初期設定ができてない人は、そこから初めてください)。

YouTubeのライブ配信画面への行き方は、次の通りです↓

  1. YouTubeを開く
  2. YouTube Studioをクリック
  3. ライブ配信開始をクリック

するとこんな画面が表示されるはずです。そうしたら、ストリームキーをコピーします。コピーしたらOBSに戻ります。

OBSの設定で『配信』をクリックします。

  • サービスをYoutube
  • サーバーをPrimary YouTube
  • ストリームキーを『先ほどコピーしたもの』

に設定します。

これで準備OKです。あとは右下の『配信開始』をクリックするだけで、YouTubeに配信できます。

おわりに

以上、MacユーザーのためのOBSで映像を配信する方法でした。

はじめて配信をやろうとすると大変ですよね。「なんでマイクの音は拾えて、Macの音は拾えないんだよ!!ちくしょう!!」という問題に苦しむはずなんです。私も数年前にこれで長いこと苦しみました。

その問題はSoundflowerとLadioCastをインストールすることによって解決したのですが、今度はmacOSのアップデートでSoundflowerが使えなくなったり…と、まぁイライラしたわけです笑。というわけで、今はオーディオインターフェースに落ち着いております。

同じようなお悩みを抱えた方の参考になれば幸いです。それでは!

コメント