ワークアウト中のバッテリー消費を抑える方法【Apple Watch】

ワークアウト中のバッテリー消費を抑える方法Apple Watch
スポンサーリンク

Apple Watchでワークアウトを長くするとバッテリーの消費が激しいよね?バッテリー消費を抑える方法ないかなぁ。

そんな疑問に答えます。

心拍数センサーをオフにしておくとバッテリーを節約でできます。心拍数センサーのオフは『省電力モード』にするとできます。

  1. iPhone で、Apple Watch App を開きます。
  2. 「マイウォッチ」タブをタップして、「ワークアウト」をタップします。
  3. 「省電力モード」をタップしてオン/オフを切り替えます。

ワークアウト中のバッテリー消費を抑える方法

 

省電力モードをONにしても、

  • アクティブカロリー
  • 距離
  • ペース
  • 経過時間の計測

と、心拍数以外は計測できます👍

 

それでは!

*参考

Apple Watch をワークアウトに活用する
運動中に最新の進捗状況を確認し、目標を達成した時点で教えてもらえます。

コメント