Apple Watch Series4からSEに買い替えて思ったこと

Apple Watch
スポンサーリンク

Apple Watch Series4からSEに買い替えました。特にApple Watch Series4に不満を持っていたわけではありません。ただ、PayPayの2周年キャンペーンで『全額還元』される自信があったのでApple Watch SEを購入しました。結果、1%しか還元されませんでした。全額還元される人って、どんな強運の持ち主なんでしょう😢

前置きは置いておいて、この記事ではApple Watch Series4からSEへ買い替えてみての感想を書いていきます。まず結論を書いておくと、Apple Watch Series4は買い換える必要はないです!

2020年秋、買うべきApple WatchはSEだ!血中酸素濃度計測は特定の人向けかなと

スポンサーリンク

1. Apple Watch Series4からSEに買い替えレビュー

Apple Watch SEは44mmのシルバーにしました。運動のために小型の40mmに戻そうかと思ったのですが、44mmに慣れてしまったので、「まぁいいか」と44mmを選びました。

今回から5wの充電アダプターが同包されなくなりました。

 

iPhoneとApple Watchを近づけるだけで同期されるのは超楽ですねぇ。前のデータをしっかりと引き継いでくれました。

 

SEちゃんを長く使おうと思い、今回からはフィルムを貼ってみることにしました。残念ながら3箇所空気が入ってしまいました。 しばらく使い続けていれば 空気は自然と抜けていくらしいのですが、 5日経った今でも空気が残っています😱

ちなみにフィルムは、AUNEOSのものを選びました。理由は評価が高かったからです!

iPhoneと違い、Apple Watchのフィルム貼りは難しいですわ。

1.1. S4チップからS5チップへ→違いを感じない

Apple Watch SEの心臓部であるチップは、Apple Watch Series5と同じS5チップです。Series4はS4チップだったのでチップは進化しました。が、特に動作の違いは感じません。「サクサク動くようになったー」みたいなことはありません。

Apple Watch Series4ユーザーが買い換える必要がない一番の理由です。(って、ここは買い換える前から知っていたのですけれど笑)

1.2. 高度が常時計測できる→使わない

SEにはSeries5にはない機能が搭載されています。それが『常時計測できる高度計』です。はい、使いません。山登りが趣味な人は歓喜する機能かもしれませんが、ほとんどの人にとっては「それっているの?」と言う機能なのです。

1.3. 容量が32GBに増えた

Series4はGPSモデルは16GBと少なめでした。それに対して、SEはGPSモデルでも32GBと倍に増えています。まぁそもそもApple Watchを使っていて、「容量が足りなくなった!」と感じたことは一度もありませんでしたけれどね。

「Apple Watchに音楽をたくさん入れたいぜ!」という方には嬉しい進化かと。これだけ容量が増えたのだから、iPhoneの音楽データをApple Watchに移そうと考えたりしています。

おわりに:初Apple Watchに最適

Apple Watch SEは初Apple Watchに最適です。1万円安いApple Watch Series3は動作にもっさり感があるので、個人的にはオススメできませんね。新品でSeries3を購入するくらいなら、中古のSeries4を購入する方がいいと思います。

以上、レビューでした。2020年冬、いまからApple Watchを購入するならSE、もしくはApple製備品のSeries5か4がオススメです。で、Series4、5を使っている人がSEに買い換える意味はほとんどないかと!

参考までに。それでは!

 

コメント