新しいMacを購入した時のデータ移行の方法【外付けからTime Machine利用が楽】

新しいMacを購入した時のデータ移行の方法【外付けからTime Machine利用が楽】Mac
スポンサーリンク

新しいMacを購入したのだけれど、古いMacからのデータ移行の簡単なやり方ないかなぁ?

そんな疑問に答えます。

結論から言うと、外付けHDDにTime Machine(タイムマシン)でバックアップを作っておいて、そのHDDを新しいMacに繋ぎデータを移行するのが楽です。

その理由と方法について以下では書いていきます。

スポンサーリンク

1 Macのデータを移行する種類

Macのデータ移行にはいくつかの種類があります。まずはその種類について紹介します。

コンテンツを新しい Mac に移行する方法
移行アシスタントを使って、書類、App、ユーザアカウント、および設定情報をすべて別のコンピュータから新しい Mac にコピーできます。

1.1 双方のMacをWi-Fiで接続してデータを移行する方法

まずは双方のMacをWi-Fiで接続して、データを移行する方法です。しかしこちらの方法、次の点からオススメしません。

  • Wi-Fiの速度が安定していないと時間がかかる
  • 2台のMacを操作する必要がある

 

やり方↓

  1. 古いMac、新しいMacともにWi-Fiに接続(どちらもmacOS Sierra以降であれば、両者が近くにありWi-FiがONになっていればOK。しかしどちらかがEl Capitan以前であれば両者を同じWi-Fiネットワークに接続)
  2. 新しいMacで「移行アシスタント」を開く(Spotlight検索から「移行」と入力すれば簡単に開ける)
  3. 「続ける」をクリック
  4. 「Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」を選択し「続ける」をクリック
  5. 続いて古いMacで「移行アシスタント」を開く
  6. 「続ける」をクリック
  7. 「別の Mac に転送する」を選択して「続ける」をクリック
  8. 新しいMacで、転送元の古いMacを選択し「続ける」をクリック
  9. セキュリティコードが表示される場合、セキュリティコードを入力
  10. 使用するバックアップを選択し「続ける」をクリック
  11. 転送する情報を選択し「続ける」をクリック
  12. データの転送が終わるまで待って、終了

1.2 双方のMacをケーブルで接続してデータを移行する方法

続いて、ケーブルで双方のMacを接続して、データを移行する方法です。Thunderbolt3で繋げば、移行にかかる時間も短くなります。しかしこちらの方法、次の点からオススメしません。

  • ケーブルが必要
  • 2台のMacを安定しておけるデスクが必要
  • 2台のMacを操作する必要がある

 

やり方↓

  1. 古いMac、新しいMacをケーブルで接続(使えるケーブルは、Thunderbolt3、USB-C、Thunderbolt2、FireWire)
  2. 古いMacをターゲットディスクモードで起動(Macの電源を入れた直後に「T」キーを押し続ける、または、Macの電源がすでに入っている場合はシステム環境設定→起動ディスク→ターゲットディスクモードをクリックして再起動)
  3. 新しいMacで「移行アシスタント」を開く(Spotlight検索から「移行」と入力すれば簡単に開ける)
  4. 「続ける」をクリック
  5. 「Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」を選択し「続ける」をクリック
  6. 転送元の古いMacを選択し「続ける」をクリック
  7. セキュリティコードが表示される場合、セキュリティコードを入力
  8. 使用するバックアップを選択し「続ける」をクリック
  9. 転送する情報を選択し「続ける」をクリック
  10. データの転送が終わるまで待って、終了

1.3 Time Machineを使った移行アシスタントが楽

最後に紹介するのが、Time Machineを使ったデータの移行方法です。2台のMacを操作する必要がないので、この方法が一番楽です。私は毎度この方法からデータを移行しています。ただしこの方法は、外付けのHDDなりSSDが必要になります。(たぶんほとんどの人が外付けを持っていると思うので、気にする必要はない点だと考えています。)

 

やり方↓

  1. 新しいMacにTime Machineバックアップをしてある外付けHDDなどを接続
  2. 新しいMacで「移行アシスタント」を開く(Spotlight検索から「移行」と入力すれば簡単に開ける)
  3. 「続ける」をクリック
  4. 「Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」を選択し「続ける」をクリック
  5. 新しいMacで、転送元の古いMacを選択し「続ける」をクリック
  6. Time Machineのバックアップを選択し「続ける」をクリック
  7. 使用するバックアップを選択し「続ける」をクリック
  8. データの転送が終わるまで待って、終了

おわりに

新しいMacを購入した時の『データの移行の種類と方法』について書いてきました。外付けHDDにTime Machineを使ってバックアップを取っておいて、それを新しいMacに接続し、移行アシスタントを使うのがもっとも楽かと思います。

参考になれば幸いです。それでは!

*古いMacを売るときにやっておきたいこと

Macを譲渡・売却する前に行う初期化方法【4ステップ】

コメント