Macを譲渡・売却する前に行う初期化方法【6ステップ】

mac 売却 手順Mac
スポンサーリンク

Macを売る前にやっておくべきことって何があるのかな?

その疑問にお答えします!

 

私事ですが、Mac mini 2018を購入したのでMacBook Pro 2015を売却しましたので、その手順について記したいと思います。私はこれまでにMacを3回売っていますが、この方法でトラブルになったことは一度もありません。

 

それでは早速、Macの売却時に必要な初期化の手順について書いていきます。(Macのいいところは中古でもまぁまぁいい金額で売れるところですねぇ^^)

スポンサーリンク

【ステップ1】iTunesの認証を解除

  1. iTunesを開く
  2. アカウント
  3. 認証
  4. このコンピューターの認証を解除

の順にクリックしていけば、iTunesの認証を解除できます。

【ステップ2】iCloudからのサインアウト

iCloud サインアウト

  1. システム環境設定
  2. iCloud
  3. サインアウト

の順にクリックしていけば、iCloudをサインアウトできます。

【ステップ3】iMessageからサインアウト

iMessageを利用している方は、こちらからもサインアウトしましょう。

  1. アプリを開く
  2. メッセージ
  3. 環境設定
  4. サインアウト

の手順です。

【ステップ4】Appleのサイトから製品登録を解除

apple 製品登録 解除

  1. Apple ID』にアクセスし、ログイン
  2. デバイスから解除したい製品をクリック

解除ができたらデバイス欄から消えているはずです。

【ステップ5】Bluetoothデバイスのペアリング解除

キーボード、マウス、トラックパッド、ヘッドフォンなど、BluetoothデバイスとMacを接続している場合は、ペアリングを解除しておきましょう。

  1. システム環境設定
  2. Bluetooth
  3. ペアリング解除

の手順でペアリングを解除します。

MacBook系以外のMacですと、有線で接続するキーボードやマウスが必要になるのでご注意を。(ちなみにペアリング解除は必須ではありません。持ち主が変わった場合のために、念のために行う操作です。)

【ステップ6】ディスクユーティリティでMacを初期化

mac 初期化

  1. 『command + R』を押しながらMacを再起動
  2. リンゴマークが出たらキーを離す
  3. ディスクユーティリティを選択
  4. 初期化したいドライブを選択し、消去をクリック
  5. 名前は自由
  6. フォーマットはHDDなら『Mac OS拡張(ジャーナリング)』、SSDなら『APFS』を選択
  7. 消去できたら『command + Q』でディスクユーティリティを終了
  8. macOSを再インストール

という流れになります。

 

再インストールは30分くらいをみておけばOKです。(通信速度にもよりますが)

 

これでMacの譲渡・売却の流れは終了になります。あとは丁寧に梱包して宅配便などを頼むだけです^^

 

*参考にしたサイト

Mac のディスクを消去する方法
ディスクユーティリティを使って、ハードディスク、SSD、フラッシュドライブ、その他のストレージデバイスを消去 (フォーマット) できます。
Mac を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと
Mac を売却または譲渡したり、下取りに出したりする場合は、その前に、コンピュータのバックアップを作成して、一部の機能やサービスを無効にし、さらに、ハードドライブのデータを消去してから macOS を再インストールして工場出荷時の設定に復元しておく必要があります。

コメント