iPhone 11をApple 61W USB-C 電源アダプターで充電してみた【マジで高速】

iPhone 11iPhone
スポンサーリンク

iPhone 11に付属している電源アダプタは5w。多くの人は特に気にせず5w電源アダプタを使って充電していると思います。私もそうでした。

 

で、今回61w電源アタプタを購入して、高速充電してみました。スッゲーです。びびります。「もうこんなに充電できてるの?」と驚くくらいのスピードで充電できます。

スポンサーリンク

61w充電アダプタとUSB-C to Lightningケーブルで高速充電

iPhone 8以降のiPhoneは、高速充電機能がついています。わずか30分で最大50%まで充電できるという謳い文句であります。『出先で重宝する機能』なのですね。

 

iPhoneを高速充電するために必要なのは、以下の3つ↓

  1. iPhone 8以降のiPhone
  2. Apple 18W、29W、30W、61W、または 87W の USB-C 電源アダプタ
  3. Apple USB-C – Lightning ケーブル(2020年3月現在では、まだiPhoneはLightningだから)

の3つです。

 

今回、61Wの電源アダプタを購入してみました。これがあればUSB-Cのデバイスを充電できます。具体的にはMac・iPad Proですね。今後のためも考えて、1つ購入してみました。

 

これに、Apple USB-C – Lightning ケーブルを組み合わせて使います。

 

で、いざ充電してみます。

おおよその時間を書いておくと↓

  • 5wで30分間→20%も充電できない
  • 61wで30分間→まじで50%くらい充電できる

という感じです。圧倒的に速いです。1時間あれば80%までいきます。(過充電を防ぐためか、80%以降の充電は普通のスピードな気がします)

 

家にいるときには全然必要のない機能ですが、外出時に「ちょっと充電したいな」というときには重宝しそうです。カバンに入れることが決定されました。

 

参考までに。それでは!

中古で購入したLightningケーブルが純正なのかを確認する方法

*参考

iPhone や iPad を高速充電する
一部のモデルの iPhone や iPad では高速充電機能を使えます。iPhone を約 30 分で最大 50 % まで再充電できます。

コメント