Macが起動しなくなった!?対処方法をまとめてみました

スポンサーリンク

Macが起動しない時は この対処方法を試そう

朝起きて、いつも通り愛用のMacBook Proの電源をポチッと押しました。

「あれ?つかない?」

バッテリー切れたかな?と思って、コンセントに繋いで電源ボタンを押しても起動せず・・・。
そりゃそうだ、バッテリー切れた場合は“受電してください”的な画面が表示されるはずだもん。

「壊れた・・・?」

と、どうしようもない現実にビクビクしながらMacを起動させるためにいろいろ調べたので、記事に残します。
結果的には、Macは無事に起動させることができました(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

Macが起動しない時の対処法

アップル公式サイトの『Macの電源が入らない場合』を参考にしています。

電源のチェック

まずはコレ。

ちゃんとコンセントにも繋がっているかのチェックですね。

コンセント・アダプタの故障も疑う

これは確率が低いでしょうが、別のコンセント・アダプタがあるなら差し替えてみてください。

ディスプレイの故障を疑う

ディスプレイに問題があるかもしれないので、他のディスプレイに繋いでみてください。

  • 起動音がする
  • ファンが回っている
  • キーボードのバックライトが光っている

などの場合だと、ディスプレイが原因かもです。

電源ボタンを10秒間押し続ける

電源ボタンを10秒間押し続けて、そのあともう一度電源ボタンを押す。

USB・サンダーボルトを外す

僕の場合は、

  • USB
  • サンダーボルト

に繋いでるものを外してから電源を入れると起動しました(`・ω・´)”

SMCリセット

SMC(システム管理コントローラ)をリセットします。

デスクトップの場合

  1. 電源アダプタをMacと壁のコンセントから外す
  2. 15秒待ってから、取り付ける
  3. 5秒待ってから電源ボタンを押して電源を入れる

ノートブックの場合

  • 『shift + control + option』キーを押しながら、電源ボタンを押す
  • これらのキーと電源ボタンを 10 秒間押し続け、そのあと放す。

セーフモードで起動する

セーフモードで起動することで、

  • 起動ディスクの検証
  • ディレクトリの問題の修復

をすることができます。

セーフモードで起動する方法は、

  • 起動後すぐに『shift』キーを押し続けます。
  • ログインウィンドウが出たらキーを放します。

macOSユーティリティからTime Machine

  • 起動後に『command+R』キーを押し続けます。
  • アップルのロゴが出たらキーを放します。

macOSユーティリティを開くことで、

  • Time Machineバックアップから復元
  • macOSを再インストール
  • ディスクユーティリティ

をすることができます。

スポンサーリンク

まとめ

いきなりMacが起動しなくなるとビビりますよね・・・。

「え?買い替え?それとも修理?」と、お金が飛んでいくこと間違いなしの考えが脳裏によぎります(´・ω・)
僕は格闘しながらなんとか起動することができましたが、途中泣きそうになってました・゜・(ノД`)

でもこういうときにTime Machineでバックアップを取っておくと「最悪データは残る・・・」という、最終ラインの安心があったので泣かずにすみました。

やっぱり、バックアップは必要なんだなーということを再確認させられる事件でした。
ということで、バックアップはこまめにですね(`・ω・´)”

(バックアップしてるHDDが4年前ので、ちょっと不安・・・という懸念材料もありますが笑。まぁMacもHDDも一度に壊れる確率はかなり低いと思うのでね9

今回の記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*Mac関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*