受動喫煙は肺がんのリスクを1.3倍上昇させる!【メタアナリシス】

スポンサーリンク

受動喫煙は体に良くないということで決着

「タバコって本当に肺がんと関係あるの?」

「まぁ俺、高額納税者だし」

などなど、喫煙者がタバコを吸う理由はイロイロとあったりします。

私としては適切な場所ならタバコを吸っても全然OKてな立場です。問題は、マナーを守らない喫煙者です。受動喫煙でタバコを吸わない人も被害を被っているのが大問題なのです。

で、メタアナリシスでこんな結果が出ていました。原因と結果の経済学を参考にしています。

スポンサーリンク

国内データを集めてメタアナリシスした結果、タバコは肺がんのリスクを増加させる

世界的には、受動喫煙が肺がんのリスクを上げるのは確実であると証明されているので、公共施設やらレストランなどでは完全禁煙となっています。

 

しかし、数年前まで日本人を対象とした研究データが乏しく、受動喫煙と肺がんの因果関係は明らかになっていませんでした。ただし、現在ではもう結果は出ています。

2016年8月に国立がん研究センターの研究者チームが、国内のデータを用いて行われた9つの観察研究をまとめたメタアナリシスを発表した。これによって、日本人でも受動喫煙によって肺がんのリスクが1.3倍上昇するということが示唆された。p75

ハイ、もう受動喫煙問題は決着です!マナーの悪い喫煙者には罰則を設けてもいいんじゃないでしょうか。だって、タバコを吸わない人の肺がんの可能性を高めるのですから。

 

「俺、高額納税者だから」とかいう喫煙者の皆さん、確かに高額納税者かもしれませんが、隣の人を肺がんにするリスクを高め、がん治療という莫大な医療費をかけようとしていることを認識しなくてはなりません。ということで、タバコを吸うならマナーを守ってですね(`・ω・´)”

 

ちなみに、以下のがんも喫煙が原因であると考えられています。

  • 膀胱がん
  • 大腸がん
  • 子宮頸がん
  • 腎臓がん
  • 喉頭がん
  • 肝臓がん
  • 多発性骨髄腫
  • 口腔がん
  • 食道がん
  • すい臓がん
  • 胃がん

参考↓

12のがんにおいて死亡の半数は喫煙が原因
英国医療サービス(NHS) 2015年6月18日木曜日 喫煙が引き起こす一般的ながんには肺がんや食道がんがある…

コメント