mac mini 2018からiMac 2017 4Kに買い替えたよー

Mac
スポンサーリンク

愛機Mac mini 2018から、iMac 2017 4Kに買い替えました。なぜわざわざ旧モデルに買い替えたかというと、「安かったから」です。中古で9万円弱で購入できました😇

 

4KディスプレイがついたMacで9万円弱というお値段。結構お買い得なのではないでしょうか。21.5インチのRetinaディスプレイを試してみたかったんですよね〜。ということでレビューしていきます。

スポンサーリンク

1 Mac mini 2018からiMac 2017 4Kに買い替えた理由

買い替えた理由+レビューを以下に書いていきます。

ちなみに、iMac2017と2019はほぼ性能が変わらないという点も、iMac 2017を購入する決め手になっております。

iMac2019と2017の違いは?比較してみた【5K,27インチ】

1.1 買い替えてスペックはこう変わった

まずはスペックから。違いを表にしています。

 Mac mini 2018iMac 2017 4K
ディスプレイ23.8インチフルHD21.5インチRetina 4K ディスプレイ
CPU3.6GHzクアッドコアIntel Core i33.4GHzクアッドコアIntel Core i5
メモリ8GB 2,666MHz DDR4 SO-DIMMメモリ8GB 2,400MHz DDR4メモリ
ストレージ128GB PCIeベースSSD1TB Fusion Drive
GPUIntel UHD Graphics 630Radeon Pro 560(4GB VRAM搭載)
Thunderbolt 3(USB-C)ポート4つ2つ
USB 3ポート(最大5Gbps)2つ4つ
BluetoothBluetooth 5.0ワイヤレステクノロジーBluetooth 4.2ワイヤレステクノロジー

iMac 2015の27インチでもいいかなー、という思いがよぎりましたが、2015にはUSB-Cが搭載されてないため選択肢から外しました。

1.2 CPUとメモリはほぼ同じ

CPUもメモリもほぼ変わりません。本当はメモリ16GBが良かったのですが、中古にはなかなか出回りませんし、なによりお値段もグーンとアップで10万円以下では手に入りません。

CPUとメモリはほぼ同じ

CPUの性能は、若干iMacの方が良いみたいですね。CPUちょびっとアップ、メモリちょびっとダウンになりました。

1.3 GPUがパワーアップ

GPUはドーンとパワーアップしています。

  • Intel UHD Graphics 630→Radeon Pro 560(4GB VRAM搭載)

内蔵GPUから独立のGPUなのです!まぁ動画編集なんてしませんから、どちらでもいいっちゃいいですね。YouTubeで4K動画とかを見る場合に役立つらしいですけれど、見ないですし😅

1.4 ディスプレイサイズは21.5インチがいいかも

21.5インチはいいですね。首が疲れないちょうどいい感じなサイズなのですよ。大きすぎたら、左右をキョロキョロする必要が出て目や首が疲れるんですよね。

27インチディスプレイを使うなら最低でも机の奥行きは70cm以上はあった方がいいらしいぞー

1.5 Retinaディスプレイはやはり綺麗

iPad Pro 10.5インチの綺麗さが、そのまま21.5インチになっております。文字がくっきりしていますねー。これで目の疲れが軽減できればなーと思っていますけれど、関係あるかな?笑

 

一応、どちらのディスプレイもiPad Pro 10.5インチのカメラで撮影してみました。

*フルHD↓

フルHD Retina 比較

 

 

*Retinaディスプレイ↓

フルHD Retina 比較

 

画像が小さいので分かりづらいですね😱

画像を圧縮せずに載せたかったのですが、ちょっと無理でした。HEICだとハッキリ違いが分かるのですが、これだと分かりづらいですね😅

1.6 音も普通にグッド

音質も普通にいいですね。Mac miniと比べると圧倒的にいいです。

先日購入したBeats pill+と比べると、「音の厚みに欠けるな」、という感じです。iPad Proの4スピーカーと音質は似ていると思います。

1.7 Mac miniと比べてBluetooth障害がほぼ0

購入してコレが一番良かったかもです。iMacにしてBluetooth障害がなくなりました。今のところ0です。

 

Mac mini 2014は絶望的にBluetooth障害がありました。USB3を使うとBluetoothで接続しているデバイスは使い物になりませんでした。Mac mini 2018ではかなり改善はされたものの、ちょっとだけ障害がありました。

Mac mini 2018のBluetooth干渉問題【キーボードやマウスの接続が切れる】

1.8 やはり1TBのフュージョンドライブはもっさりする

1TB フュージョンドライブはよくないということを知りつつも、購入してみました。

1TB Fusion Driveは遅いから危険!2TB Fusion DriveかSSDモデルを買うべき理由

 

1TB FDにはSSDが32GBしかないのですね。まぁ一度試してみようと思い、購入してみました。感想としては、「使えなくはない。けれどSSD利用者としてはストレスポイントが溜まるな」という感じ。やはりSSDがいいですね。

速度↓

HDD<<<FD<<<SSD

 

という感じですね。フュージョンドライブにするなら、SSDが128GBある2TB FDを購入するべきでしょう。

1TB フュージョンドライブの速度はこんな感じ↓

1TB フュージョンドライブ 速度

パッと見、良さそうに感じます。でもこれを続けていくと↓

1TB フュージョンドライブ 速度

びっくりするくらいに速度が遅くなります。ただのHDDになりさがってしまいます。アプリをたくさん開いていくと、絶望的な重さになるのですよ😱

 

ちなみにMac mini 2018の速度はこんな感じ↓

1TB フュージョンドライブ 速度

FDと違ってSSDはこの速度が続きます。やっぱりオールSSDがいいですね。FDにするなら2TBのものを選ぶのが吉です。(2TBはSSDが128GBあるため)

 

時間があるときに、外付けSSD起動にしようと思います。

iMac 2015か2017の1TB HDDを購入して外付けSSDから起動するのが一番コスパ高めかも

おわりに

初iMac。いいですね👍

9万円弱でiMac 2017 4Kが手に入る時代なのですよ。安くて高性能のものが手に入る時代なのですよ。新型iPhoneに10万円かけるよりは、iMacに10万円をかけた方が断然いい気がしますね。安いiPhoneとiMacがコスパ高めかと。

それでは!

*関連記事

新しいmacOSのデータ→古いmacOS搭載のMac【Time Machineを使うときの注意点】

コメント