新しいmacOSのデータ→古いmacOS搭載のMac【Time Machineを使うときの注意点】

新しいmacOSのデータ→古いmacOS搭載のMac【Time Machineを使うときの注意点】Mac
スポンサーリンク

Mac mini 2018をメインで使っておりました。が、中古でiMac 2017 4kがお安く手に入ったので、こちらを使うことにしました。

 

Macの買い替えですから、いつも通りのデータ移行を行いました。

  1. 外付けHDDにTime Machineでバックアップ
  2. 新しいiMacに外付けHDDを装着
  3. Time Machineから復元

という流れです。

新しいMacを購入した時のデータ移行の方法【外付けからTime Machine利用が楽】

 

「さて、データ移行も完了したし、新しいMacをいじるぞー」と思っていた矢先、まったく使えないことが分かりました。

  • Safari
  • メール
  • App Store

などなど、ほぼすべてのApple純正アプリが使えなくなっていたのです。

スポンサーリンク

新しいmacOSのデータ→古いmacOSのMacへの場合は一工夫しよう

なぜ純正アプリが使えなくなっていたかというと、Time Machineにバックアップとして保存されているデータは『最新のmacOSのデータ』だからです。

  • 今まで使っていたMac mini 2018のOSは、macOS Catalina
  • 新しいiMac 2017に入っているOSはmacOS High Sierra

ですから、最新のmacOS Catalinaに対応しているアプリは、High Sierraでは使えないというわけです。macOS CatalinaからiTunesが使えなくなるなど、ずいぶん変わりましたからね。

 

普通、Macを買い換えて新しいMacにする場合、macOSも最新のものです。新しいMacからわざわざ古いMacに買い替える人なんてなかなかいないでしょうし、そういうことを想定していないでしょうから、問題が起こるのは当たり前かもですね。

 

ということで、macOS High SierraからmacOS Catalinaにアップデートすることにしました。しかし、

  • App Storeが使えない
  • Safariが使えない

という大問題が発生。macOS Catalinaをダウンロードしたくてもできないのです😱

これには焦りました。「どうやってmacOSをダウンロードしたら・・・」と。

 

でもこれも解決しました。Chromとfirefoxの検索エンジンアプリをインストールしていましたので、firefoxを起動して↓のApple公式サイトからmacOS Catalinaをダウンロードしました。

‎macOS Catalina
‎macOS Catalinaは、Macの魅力のすべてを一段と進化させます。「ミュージック」、「TV」、「Podcast」という3つのまったく新しいメディアアプリケーションを楽しめます。Macを紛失した時は、新しい「探す」アプリケーションが見つけるのをお手伝い。さらに、お気に入りのiPadアプリケーションがMacでも使...

ダウンロード後にインストールをしたら、iMacを問題なく使えるようになりました。ヨカッタヨカッタ。

 

Chrom、firefoxのどちらもインストールしていなかったとすると・・・また初期化からスタートする必要がありましたね。

  1. 初期化
  2. データをバックアップせずに起動
  3. iCloudなど入力
  4. OSをCatalinaにするべくダウンロード&インストール
  5. Time Machineからデータ復元

というコースを辿るところでした。半日使うコースですね😅

 

ということで、現在使っているMacより古いmacOSが入っているMacに買い換えた場合、

  • 買い換えたMacのmacOSをまずはアップデート
  • そしてTime Machineからデータを復元

と、このようにするのがいいかと思います。参考までに。それでは!

コメント