Macのモニターはiiyamaの23.8インチにしました

ihyama mac モニター Mac
スポンサーリンク

Macのモニターを迷いに迷って、結局はiiyamaの23.8インチモデルにしました!!

 

このページでは「なぜ21インチではないのか?」「なぜ27インチではないのか?」「なぜiiyamaなのか?」について書いていきたいと思います。

 

選んだモニターは『XB2481HSU』になります。二万円で購入できるお手軽なモニターです。

スポンサーリンク

攻守ともにバランスがいいのが23.8インチモニター

最初は27インチモニターを購入しようと思っていました。しかし、27インチモニターはデカすぎる問題があるのです^^;

という2点が個人的には大きな問題。

 

特に画面が大きすぎるとSplit Viewが意外と疲れるというところがポイントになります。例えば、左側にブログ書く用のウィンドウを開き、右側に参照ページのウィンドウを開きます。

 

2つのウィンドウを開くことで、快適に作業できるようになります。セカンドディスプレイがあると便利なのと一緒ですね。

 

ただしこれが問題でして、どちらかのウィンドウを見る方が時間的に圧倒的に多くなります。偏るってことですな。

 

私の場合でいうと、ブログ書くウィンドウを見る時間の方が長くなります。ですから左側のウィンドウを見続ける時間が多くなります。

 

すると、左側ばかりに目を傾けていないといけないので、目が疲れちゃうんですなー^^;

 

画面が大きいことは作業効率を高めると思うのですが、大きすぎては目が疲れてしまいます。ですから私は21インチよりは大きく、27インチよりは小さい絶妙なバランスの23.8インチモニターを購入しました。

なぜiiyamaなのか?

安いモニターを探そうと思えばiiyamaモニターより安いものはたくさんあります。ですが私はiiyamaを選びました。

 

その理由はiiyamaモニターが好きだからです笑。昔使ってるモニターもiiyamaでして、iiyama製品にある一定以上の評価をしてるんですなー。

高さ調節&回転ができる

ihyama mac モニター

最安値のモニターだと、高さ調節やらができません。しかし、iiyamaモニターはできたりするんですねー。長く使おうと思えば、用途に応じていろいと調節できるのがいい点。これがiiyamaモニターを選んだ理由の最大の点になります。

Retinaディスプレイと比べると画質は粗い

やはりRetinaディスプレイと比べると粗さはあります^^;

どうしても文字がにじむ感じがありますが、2日も経てば気にならなくなります笑

スピーカーはしょぼい

スピーカーがついていますが、音質は期待できません。これくらいの音質ならつけなくてもいいじゃん・・・というくらいの性能です笑

USBがついてるが充電できない

USB端子がついておりますが充電はできません。iPhoneをつなげたらiTunesと同期してくれるかなーと期待していたのですがダメでした^^;

スピーカーと同様、こちらのUSBにもあまり期待しないほうがいいでしょう。

ケーブルが挿しづらい

ケーブルを挿す端子が全て下方向に向いてあるため、挿しづらいです。

おわりに:iiyamaモニターの総合点良し!

スピーカーがしょぼいとかはありますが、総合点で言えば大満足です!やはり21インチを超えてくると、格段に作業がしやすくなるなーという感じ。

 

MacBook Proで映画を見るよりも、迫力がありますし〜^^

 

ちなみに私はSONYのMDR-1000Xというヘッドフォンを使用していますので、スピーカーしょぼい問題は全く気にしておりません。こちらのヘッドフォンは少々お値段が張りますが、ノイズキャンセリング機能が素晴らしすぎるので作業効率を一段階上に押し上げてくれると思います。私が購入したモノより新しいモデルが出ていますので、そちらのリンクを貼っておきます。

MDR-1000xよりノイズキャンセリングの効果が数段上になっているとのことで・・・悔しい!笑

 

ちなみに、「2万円よりもっとお金を出してもいいよー?」という方は4Kディスプレイにしたほうがいいでしょうね。私はケチって4Kを諦めましたが、LG製であれば手頃な値段で4Kモニターを選べます。

 

LGの4Kモニターの23.8インチのリンクを貼っておきます。

4万円を普通に切る値段ですのでお得かなと思います。綺麗な画質を求める方は断然にこちらでしょう。

コメント