iMac 2015か2017の1TB HDDを購入して外付けSSDから起動するのが一番コスパ高めかも

iMac hdd ssd Mac
スポンサーリンク

iMacの27インチ欲しいなーと思っております。新品で購入しようと思ったら20万をサクサクと超えていくので迷いどろこ。

 

ということで、中古で1TBのiMacを購入しようかなーと考えています。でも今どのき1TB HDDはクソ遅いので、USB3で外付けSSDで起動するのが一番いいんじゃないかなーと。

 

外付けSSD起動はMac mini 2014で経験済みです。問題なくサクサク動くようになったので、これくらいのサクサク感があればストレスなく使えるはずです。今回のページはそんなことをツラツラと書いていきます。

スポンサーリンク

iMacの外付けSSD起動は遅いのか問題

そりゃあSSDが備わっているのがもちろんベストです。でもそれだと高いんですわな。

 

このご時世だとSSD500GB程度なら1万円くらい払えば手に入るので、アップル税としてわざわざカスタマイズするのもあほらしく感じます。

ただし、USB3の外付けSSD起動は、SSD搭載iMacと比べるとどうしても遅くなるはずです。ただ、この遅さはそこまで気にならないんじゃないかなーと考えています。

 

上に貼ったMac mini 2014の外付けSSD起動だと、WRITEで369MB/s、READで425MB/sなる速さです。HDDだとWRITEもREADも100MB/sいかないくらいなので、これだけでも十分早い。(例えば、600MB/sだと1秒でCDを一枚分のデータをやり取りするってことです)

 

ちなみに、私の現在使っているMacBook Pro 2015 SSD128GBだとこんな感じ↓↓↓

MacBook Pro 2015 SSD128GB

READは2倍ほどの差で負けていますが、WRITEだとMac mini 2014の外付けSSD起動の方が若干高速という面白い結果になっております。(SSDは容量が大きいほど高速になるらしいです。外付けSSDは256GBでしたので、MacBook Proの2倍のストレージだからかもしれません)

 

「最高速がいいんや!」という方はやはりPCIeベースのSSD内蔵iMacを購入するしかないですね。でも、「HDDの遅さにイライラしたくない」ってくらいの気持ちであれば、USB3の外付けSSDで十分かと。

1TBフュージョンドライブ問題について

「SSDじゃなくても1TBフュージョンドライブでいいんじゃない?」と思うかもしれません。しかし、これはやばい可能性が高いです。

 

2014年のiMacまでは1TBフュージョンドライブではSSD容量が128GBありました。しかし、2015 iMacではSSD容量が24GB、2017 iMacではSSD容量が32GBとめちゃんこ少なくなっています。

 

SSDを堪能したいのであれば、オールSSD or SSD容量が128GBになる2TB フュージョンドライブです。1TBフュージョンドライブはハズレです。

結論:外付けSSD起動のiMacがいい感じ

ということで1TBの安いiMacを購入して、外付けSSDで起動するのがいいんじゃないかなーと思っております。オールSSDのiMacはあまり出回ってないですが、1TBとか1TB Fusion DriveのiMacは結構出回っております。

 

たぶんこの人たちは「HDD遅すぎーーー失敗したーーー」もしくは、「1TB Fuison Dribeクソすぎーーー失敗したーーー」という人たちなので(たぶん)、多く出回っている分、価格競争にさらされてお手頃価格で出回っております〜笑

 

私のような節約志向でない方は、ドンっと公式サイトよりオールSSDのiMacを買うのが吉です。こういうのって、悩むだけ時間の無駄ですからね・・・。(でも悩むのが意外と楽しい笑)

 

Apple製品やiTunesストア利用の際はポイントサイトを使えばお得に購入できます。その方法はこちら→→→アップル製品やアプリをお得に購入する方法

コメント