中古で購入したLightningケーブルが純正なのかを確認する方法

中古で購入したLightningケーブルが純正なのかを確認する方法Apple
スポンサーリンク

メルカリなどのフリマアプリを使えば、Lightningケーブルはお安く購入できます。しかし「アップル純正」などと書かれていても、ホンマかいな?という不安はぬぐえません。

 

ということで、購入したケーブルが本当に純正なのかをチェックする方法について紹介します。チェックでもっとも分かりやすいのが、ケーブルの印字を確認する方法です。

 

純正ケーブルであれば、USBコネクタ側から約18cmのところに以下の印字があります。

Apple 製の Lightning – USB ケーブルには、USB コネクタから約 18 cm のところにまず「Designed by Apple in California」という印字があり、それに続いて「Assembled in China」「Assembled in Vietnam」、または「Indústria Brasileira」のいずれかが印字されています。その末尾には 12 桁のシリアル番号が記されています。

中古で購入したLightningケーブルが純正なのかを確認する方法

 

このチェック方法以外にも、

  • Lightning端子の金メッキをチェック

などがあるのですが、偽物もどんどん『それっぽく』なってきているので見分けがつきません😱

 

ですから、

  • Designed by Apple in California
  • シリアル番号

の印字を確認するのがいいかと。

 

それでは!

*参考

Lightning コネクタアクセサリの偽造品や模倣品を識別する
Apple では、Apple によって認定され、MFi バッジが付いたアクセサリに限りご利用をお勧めしています。Lightning アクセサリの偽造品や模倣品が原因で起きることのある諸問題や、そうしたアクセサリを見分ける方法について説明します。

 

コメント