HHKB Professional HYBRIDを買わない方がいい人【使いづらい】

HHKB Professional HYBRIDを買わない方がいい人【使いづらい】Mac
本サイトはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

HHKB Professional HYBRIDを使っております。3万5千円ほどで購入しました。

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

 

購入したというバイアスもあり、私としてはお気に入りのキーボードになっています。けれど、「めちゃくちゃ使いやすいわけでもないよなー」という冷めた視点もあります。

 

ということで、HHKB Professional HYBRIDを購入しない人がいい人向けに、記事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

1 HHKB Professional HYBRIDを購入しない方がいい人

先に結論を書いておきます↓

  • 深いキーストロークが苦手な人
  • 持ち運びを考えている人(HHKBは重い)
  • 英語配列で方向キーをよく使う人(HHKBの英語配列には方向キーがない)
  • タイピング音が気になる人

が気になる人は、別のキーボードを探した方がいいかと思います。

 

それでは以下に、もう少し具体的に書いていきます。

1.1 ノートパソコンの浅いキーボードに慣れた人

ノートパソコンのようなキーストロークが浅いキーボードに慣れた人にとって、HHKBの深いキーストロークはタイピングしづらいでしょう。

 

私はMacBookを使っていたこともありますし、Magic Keyboardも使っていましたので、浅いキーストロークのキーボードに慣れていました。そこからHHKBの深いキーストロークに移行したところ、最初は違和感しかありませんでした。

 

「HHKBにしてタイピングがしやすくなった!」という情報が多いですけれど、正直なところ「うーん」という感じです。結局のところ、タイピングのしやすさは好みですので、ノートパソコンのキーボードに慣れきった人に、HHKBはオススメできません。

1.2 持ち運びを考えている人

HHKBは約600gあります。重いです。

HHKB Professional HYBRID Type-S 重い

持ち運びを考えるなら、HHKBは微妙と言えるでしょう。

1.3 英語配列で方向キーを使いたい人

HHKBの英語配列(US)には、方向キーがありません。Fnキーとの組み合わせで方向を指定します。

 

慣れてしまうと、方向キーよりFnキーとの組み合わせの方が、ホームポジションを崩さなくていいので使いやすいです。でも、慣れるまでは地獄かと😅

 

  • 画像編集
  • 動画編集

などで方向キーを多用する人にとって、HHKBの英語配列は使いづらいかと思います。

1.4 静音化(Type-S)でもタイピング音は大きめ

HHKBの1つの売りは、「タイピング音がいいこと」です。でもこれは裏を返せば「うるさい」ということです。

 

タイピング音が静音化されているモデル(Type-S)もありますが、これでもキーボード界からすると大きい音の方かと思います。(Magic Keyboardと比較)

 

家の中でタイピングする分にはいいですけれど、「人がいるところでよくタイピングする」という方は、音が気になるかと思います。

1.5 厚みがあるためパームレストが必要

HHKBは厚みがあるので、パームレストが必要かと思います。パームレストがなければ手首に負担がかかります😅

そういう意味でも、HHKBは扱いにくいキーボードですね。

Apple純正キーボードからHHKBに替えて感んじるメリット・デメリット

おわりに

HHKBは人を選ぶキーボードですね。値段も値段ですし、安易に購入しない方がいいでしょう。(私は安易に購入しましたが笑)

 

まぁ安易に購入してもいい点をあげるのであれば、「高く売れる」ところでしょう。Macと同じように、HHKBも中古市場では高く売買されております。ほぼ新品であれば定価の80%程度、数年利用しても50%程度で売却できるかと。

 

私が以前使っていたHHKB Pro2は、12000円にて売却できました。(キーをお掃除する際に、2つのキーにひっかき傷をつけてしまったのにこの値段でした)

HHKB Pro2の墨・刻印有りモデルを半年使って思うこと

 

参考になれば幸いです。それでは!

コメント