HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】iPad
スポンサーリンク

届いた。HHKB Professional HYBRID Type-Sが届いたよ。3万5千円ほど払って届きましたーーー。

 

結論から言うと、最高です。静音化されてないHHKBより、静音化されているType-Sの音の方が好みだということが分かりました。5千円プラスで払った甲斐がありました。

キー操作でデバイス切り替え可能なHHKBが新登場【HHKB Pro HYBRID】

スポンサーリンク

1 HHKB Professional HYBRID Type-Sレビュー

さて、届いたものを早速開封していきましょう。

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

ケースかっこいい。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

色は白で、英語配列のものを選んでおります。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

電池は用意していたのですが、富士通の単三電池がついてきました。これで2ヶ月ほどはもつそうな。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

箱から取り出しました。AppleのMagic Keyboardと比べると厚みも重さもありますね。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

電源ボタン兼、Bluetoothボタンです。2秒以上押すとBluetoothのペアリングが始まります。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

こちらの穴がUSB-Cポートです。HHKB BTと違い、有線接続も無線接続もできるようになりました。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S購入【レビュー】

付属の電池を入れてさっそく使ってみましょう。

1.1 電源ボタンを押して起動

電源ボタンを押して起動、次に2秒間電源ボタンを長押ししてペアリングモードにします。そしてMacとBluetooth接続しました。

 

HHKB Pro2と同様に、Mac使いなのでDIPスイッチはSW2のみをONにしています。

HHKBを購入したので設定方法をまとめてみる【Macユーザー】

1.2 Type-Sの音が好みだった

以前使っていたHHKB Pro2は静音化してないものを使っておりました。キーを打つたびに「カチャカチャ」と音を立てていました。

 

そちらの音も好みだったのですが、静音化している音もいい!「スコスコスコー」と心地のいい音が響きます。人がいる場所でタイピングする機会が多い人はType-Sを選ぶ方がいいでしょうね。

 

公式チャンネルのASMR↓

【公式】HHKB ASMR -キーボードタイピング音(Keyboard Typing Sounds) Happy Hacking Keyboard Type-S

机にマットをしているせいか、こちらの動画で聞こえる音より静かですね。動画の再生音量もあるとは思いますが、もっと静かだと思います。

1.3 色を墨ではなく白にした理由

かっこよさ的には墨の方がいいです。墨にしようか超迷いました。が・・・以前使っていたHHKB Pro 2が墨でして、刻印が見えづらく、ミスタッチが多かったので今回は白色にしました。

 

墨だと薄暗い場所でタイピングする場合、刻印がまったく見えないのですよね。数字キーを死ぬほど打ち間違えていました😅

1.4 英語配列にした理由

英語配列に慣れているからですね。

Magic Keyboard(US配列)を使い始めて分かったHHKBの素晴らしさ

 

あと、英語配列の方が左右対称性が高くて綺麗だから、という理由で選んでいます。エンターとデリートキーが押しやすいのもポイント。

日本語配列(JIS)から英語配列(US)に替えて気がついたこと【HHKB】

1.5 HHKBは600g近くあるので持ち運ぶのは大変

HHKB Professional HYBRIDに限った話ではないのですが、HHKBは重いです。Magic Keyboardと比べると厚いし、重いです。

HHKB Professional HYBRID Type-S 重い

電池込みの重量で600g弱。重いですねー。

1.6 iPadに接続する方法

さて、HHKB Professional HYBRIDの大目玉が、キー操作からBluetoothデバイスを切り替えられるところです。このためだけにHHKB Professional HYBRIDを購入したといっても過言ではありません👍

 

iPadに接続する方法ですが、電源が入った状態で、

  • Fn+Q

を押して、ペアリングモードにします。

 

次に、4台まで割り当てられるので、割り当てたい数字を選びます。

  • Fn+Control+1
  • Fn+Control+2
  • Fn+Control+3
  • Fn+Control+4

「1」は最初に繋いだデバイスが登録されているので、Fn+Control+2を選ぶといいでしょう。そうするとiPadのBluetooth設定画面に『HHKB-Hybrid_2」と表示されると思うので、タップして接続完了です。

 

デバイスを登録しておくと、

  • Fn+Control+1
  • Fn+Control+2
  • Fn+Control+3
  • Fn+Control+4

を押すと、1秒ほどで接続デバイスを切り替えられます。これ、超便利です。これ1台でMacとiPadのキーボードとして成立します。すげーです。

1.7 iPadでControlの機能が使えるようになった

iPadでControlが使えるようになりました。超嬉しいです。英語配列のMagic Keyboardだと、Macで使えていたControl機能が使えませんでした。(caps lockとcontrolの位置がiPadでは変えられない)

iPad用にMagic Keyboard(US配列)を購入しました!やっぱり最高!

【Mac】『control』を使いこなせばテキスト入力が楽になるぞー

 

JISからUSキーボードに切り替えた大きな欠点が、iPadでControlが使えないことでした。これに絶望していたのですが、ようやく解決。3万5千円払ってキーボードを購入した甲斐がありました。本当。

1.8 ちょっとした欠点:Macのスリープ復帰がキーボードからできなくなる

最後にちょっとした欠点を紹介して終わります。

Magic Keyboardであれば、キーボードを叩けばMacのスリープ状態を解除できました。しかし、Bluetooth接続しているHHKBからではできません。一度、HHKBの電源をポチッとしなければなりません。

 

スリープから復帰をするときは、毎回電源を押さなくてはならないのでちょっと手間ですね。まぁそこまでの欠点ではありませんが、念のために。

おわりに

ということで、HHKB Professional HYBRID Type-Sのレビューでした。値段的に万人にオススメできるキーボードではありませんが、私のように、

  • 英語配列のキーボードを使いたい
  • MacとiPadで同じキーボードを使いたい
  • Bluetoothの切り替えは瞬時にしたい

という要望をお持ちの方には、いい商品なのではないでしょうか。

 

それでは!

コメント