キー操作でデバイス切り替え可能なHHKBが新登場【HHKB Pro HYBRID】

iPad
スポンサーリンク

キタ。とうとうキタ。キー操作でデバイスを切り替えられる、無線対応のHHKBがキマシター!!!これでMacとiPadの接続を簡単に切り替えられるとなると・・・嬉しすぎる!

 

ということで、3万を超えるキーボードをさっそくポチってしまいました笑

スポンサーリンク

1 Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID登場

公式サイトの紹介動画がいい感じでした↓

【公式】HHKB HYBRID/Classic -コンセプト・機能解説動画 (Happy Hacking Keyboard)

 

いやー、新型は「ようやくか!」という感じの機能になっていますね。MacでHHKB Pro2を使っていて、iPadではMagic Keyboardを使っておりました。打鍵感が違うのとキー配列の違いがストレスになるという理由でMagic Keyboardに統一しており、私の中ではHHKBはリストラされました。

HHKBからMagic Keyboardに戻した理由【iPadとキーボードを統一】

 

しかし、やはりHHKBには魅力があります。

Magic Keyboard(US配列)を使い始めて分かったHHKBの素晴らしさ

 

「HHKBを2台購入しようかなー」とも思いましたが、キーボードに6万円近く払うの?・・という思いもありまして躊躇しておりました。だけれども今回、とうとうBluetooth接続をキー操作で切り替えられるHHKBが登場したのです!嬉しい!HHKB BTを購入していた人にとっては悔しいでしょうけれど😅

1.1 デバイスをキー操作で切り替え&有線接続もできる

最大4台まで接続&有線接続もできる

今回のHHKBのもっとも良い進化が、

  • 登録したデバイスをキー操作で切り替え可能

になったところでしょう。これはマジで嬉しい。すぐにポチっちゃった要因は圧倒的にこれ。HHKB BTでは4台までの登録はできましたが、切り替えるためにはデバイスの接続を解除しなければなりませんでした。これは最高にめんどくさいですよね。

「HYBRID Type-S」「HYBRID」はBluetooth接続とUSB接続が可能。
無線と有線を自在に使い分けられるため、デバイスを選びません。
Bluetooth接続ではデバイスをあらかじめ登録(4台まで)しておくことにより、簡単なキー操作で目的の機器とすぐに接続できます。
USBには“逆差し”も可能なType-Cコネクターを採用しており、接続時のストレスを大幅に軽減しています。

切り替え方法は↓

  • [Fn]+[Control]+[1]/[2]/[3]/[4]

です。便利ですね。

1.2 BluetoothモデルにType-S(静音モデル)が追加

HHKB BTではType-Sモデルがありませんでした。しかし新登場したHappy Hacking Keyboard Professional HYBRIDからは、Type-Sを選択できるようになっています。

 

Bluetooth接続かつ静音を求めていた方には、最高でしょう。

1.3 新しく登場した3つのモデルと価格

新型の3モデルを表にしてまとめてみます↓

 HHKB Professional  HYBRID Type-SHHKB Professional  HYBRIDHHKB Professional Classic
価格32000円(税抜き)27500円(税抜き)23000円(税抜き)
無線×
日本語配列モデル×
キーマップ変更機能(今のところWindowsで動作)×

Windowsで動作するキーマップ変更機能もポイントですね。私は利用する予定はありませんが、カスタマイズしたい方には嬉しいかもです。Windowsで設定しておけば、それはHHKB本体に保存されます。

制御キーの割り当てを変更できるDIPスイッチに加えて、「HYBRID Type-S」「HYBRID」は制御キーと文字キー全般(※)のキーマップをカスタマイズできる「キーマップ変更機能」を装備。
ソフトウェア(Windowsで動作)によるキーマップ変更は直感的で扱いやすく、設定はHHKB本体に保存されるため、他のデバイスでも同じキーマップで使用できます。
好みの反映、最速追求、タイピング競技やeスポーツのための最適化など、よりプロフェッショナルな“マイ・キーボード”の構築が可能です。
※特別な機能を割り当てられた一部のキーを除く。

 

一番高いHHKB Professional HYBRID Type-Sモデルを購入しました👍

以前使っていたHHKB Pro2はType-Sモデルではありませんでしたので、今回はType-Sモデルにしました。どう変わるのかなーというのが楽しみですね。

 

ちなみに、YouTubeの公式チャンネルでASMRが公開されておりました笑。いい音↓

【公式】HHKB ASMR -キーボードタイピング音(Keyboard Typing Sounds) Happy Hacking Keyboard Type-S

おわりに

待望の製品が登場しました。ただ、乾電池なのが微妙・・・ですね。USB充電により最高だったのに。まぁ頻繁に電池交換をする必要はないので、気にならないと言えば気にならない点ですけれど。

 

また新たにHHKBライフが始まるかと思うと、なかなか楽しみですねー。MacとiPadのキーボードが1つになるので、すっきりして気持ちがいいですねー。それでは!

コメント