iBFFALOのUSB接続優先キーボードを購入したのでレビュー

スポンサーリンク

無線のキーボードは持っているのですが、優先キーボードも欲しいなぁと思ったので、コスパが良さそうなiBUFFALOのBSKBU14WHを購入しました。そこでレビューをしてみたいよ思います。

スポンサーリンク

iBUFFALO有線キーボードレビュー

僕が購入したキーボードが↑になります。先日8年前のノートパソコンのHDDをSSDにしたら、爆速になり、サブ機として全然使えるようになったので、この際キーボードの購入に踏み切りました。→内蔵HDDをSSDに換装したら8年前のパソコンが復活した件

本当はMac純正のUSBキーボードが欲しかったんだけど、さすがに高いし・・・てことで諦めました。

開封の儀

箱は安っぽい。

DSC_0021 DSC_0022

本体も安っぽさは否めないものの、値段相応。
DSC_0023

Macの無線キーボートとサイズを比べてみた。テンキーが付いてる割にはコンパクトだね。DSC_0024

使用感

Macのキーボードと比べると、少しタッチが固い感じかな。でもそこまで気にならない程度にタイピングできます。ウィンドウズ10にも対応しているのでUSB接続後、問題なく使えています。もう少し使ってみて、良い点悪い点が見つかれば、追記として書こうと思います。

今の所概ね満足です(*°∀°)=3

参考スペック

●薄くても確かなキータッチ!キー下にアルミプレートを採用
■対応機種:USBインターフェースを搭載したWindowsパソコン、PlayStation3、PlayStation4
■対応OS:Windows 8.1 / 8 / 7
■インターフェース:USB■キースイッチ:パンタグラフ
■キー数:102キー■キーピッチ:19mm■キーストローク:2.5mm
■ケーブル長:約1.5m
■外形寸法(幅×高さ×奥行):344×21×138mm (突起部除く)■質量:約340g
■パッケージ寸法(幅×高さ×奥行):359×26×162mm■パッケージ質量:約470g
■動作環境:温度5℃~40℃、湿度10%~85%(結露なきこと)
■製品構成:本体、取扱説明書

(Amazonのサイトより)

SNSでもご購読できます。