グーグル社員から学ぶ生産性を高めるコーヒーの飲み方

コーヒー 生産性 生活の知恵
スポンサーリンク

生産性を高めるコーヒーの飲み方が紹介されていましたので、シェアしたいと思います。

朝起きてすぐにコーヒーを飲まれる方もいると思いますが、それはやめておきましょう。というのも、朝起きるとコルチゾールというホルモンが分泌され、これがコーヒーに含まれるカフェインと同じような働きをするかららです。

コルチゾール+カフェインを投入してしまうと、体に負担がかかってしまうとのことです。

コルチゾールの分泌量は2時間ほどで減少してくるので、そこでコーヒーを飲むのがベターです。つまり、朝起きてから2時間後にコーヒーを飲めばいいというわけです。

スポンサーリンク

2杯目のコーヒーですが、これは昼食後30分に飲むのがいいとのことです。そこでお昼のコーヒーブレイクをするのがいいってことですね。

んで、その時に15分のお昼寝をするのもいいとのことです。コーヒーを飲んだ後カフェインの効果を発揮するのには30分ほどかかるからです。

仮眠+カフェインパワーで寝起きからフルパワーで仕事に取り組めるということです!

とりさん
とりさん

まぁ仕事場で仮眠ができるかというと微妙ですが^^;

このリンク先の記事には書かれていませんが、午後5時以降はカフェインを取らない方がいいです。なぜかというと、睡眠の質に影響してくるからです!

午後5時以降に何か飲みたいときはカフェインが含まれていない、水、紅茶、ココアですね!

睡眠の質に関してはこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

睡眠の質の高め方と効果についてのまとめ
このページでは睡眠について記事をまとめていきます。(随時更新) 質の高い睡眠をとることで、日々のパフォーマンスも上がりますので参考にしてもらえたらなと思います。…

コメント