MDR-1000XとWH-1000XM4を比べてみた

ヘッドホン
スポンサーリンク

SONYの初代ノイキャンヘッドホン『MDR-1000X』を持っています。

このヘッドホンは好評でシリーズ化され、2022年5月現在では『WH-1000XM4』と若干の名前を変えながら進化していきました。たぶん5世代目です。

んで、WH-1000XM4も購入してみましたので、初代のMDR-1000Xと比較していきたいと思います。

結論から言うと、Bluetooth接続のみを楽しむつもりなら「音質はそこまで変わらないので、このシリーズならどれを買ってもいい」と思います。逆にイコライザーで音を変えるのを楽しみにしていたり、360realityオーディオを求めている方はWH-1000XM4がいいでしょう。

スポンサーリンク

MDR-1000XとWH-1000XM4を比較

ではいかに具体的にMDR-1000XとWH-1000XM4との比較を書いていきます。

表でまとめると

まずは表でまとめてみました。

音源はすべてAmazon Music HDのULTRA  HDを使用しています。またイコライザーはすべてオフにしています。(WH-1000XM4はスマホアプリからイコライザーを調整できるけれど、MDR-1000Xはスマホアプリ自体がない)

MDR-1000XWH-1000XM4
ノイズキャンセリング良い
サーっと言うようなホワイトノイズはある
MDR-1000Xより少し良い
ホワイトノイズも比べると少し小さい
外音取り込み普通MDR-1000Xよりも少し良い
Bluetooth接続時の音質良いMDR-1000Xよりもいい音
でも劇的にいいわけではない
iPhoneと有線接続時の音質悪いMDR-1000Xよりは良い
でも決していい音ではない
専用のスマホアプリなしあり
耐久性悪い改善されているので良さそう
携帯性折りたためる折りたためる
MDR-1000Xより軽い
頭のでかい人は大丈夫?大丈夫大丈夫
3Dオーディオ非対応対応

外観とつけ心地

黒色がWH-1000XM4で、クリーム色がMDR-1000Xです。

細かく見ると見た目も違いますが、パッと見るとそっくりです。そっくりなのにWH-1000XM4の方が30gほど軽くなっています。

軽さ、そして素材感からも、つけ心地はWH-1000XM4の方がいいです。と言いましても、MDR-1000Xが悪いわけではないので、軽さとつけ心地で買い替えるほどではありません。

WH-1000XM4は専用アプリがあり、イコライザーが使える

MDR-1000Xにはスマホの専用アプリがありませんが、WH-1000XM4にはあります。

専用アプリがあることでWH-1000XM4はアップデートできますし、イコライザーを調整できたりします。

Bluetooth接続の音質はどちらもいい

Bluetooth接続の音質はどちらもいいです。正確に言えば、WH-1000XM4のほうがいいです。

それでも若干いいくらいで、WH-1000XM4を購入してみて「レビュー動画やレビューサイトにあるほどではないな」と思ったのが正直な感想です。MDR-1000Xも十分にいいです。

ちなみに、音質だけで言えばSHUREのノイキャンヘッドホンAONIC50のほうがいいです。>AONIC50とWH-1000XM4を比べてみた

3.5mm有線接続時の音質は相変わらず悪い

iPhoneと純正の変換コネクターを使って3.5mmケーブルを接続して、Amazon Musicのハイレゾ音源を聴いてみました。

  • MDR-1000X→圧倒的にBluetooth接続時の音がいい
  • WH-1000XM4→圧倒的にBluetooth接続時の音がいい

と、MDR-1000Xの有線微妙問題はWH-1000XM4でも解決されていませんでした。

ちなみに、iPhoneとではなくオーディオインターフェースと繋いでも同様の結果でした。MDR-1000XもWH-1000XM4も有線ではなく、Bluetooth接続の方が音がいいんですな。

MDR-1000Xの有線接続の音質微妙問題は価格コムのクチコミなんかでも言われていたりします↓

MDR-1000Xを一ヶ月ほど使用しています。
ノイズキャンセリングの効果やBlueTooth接続での音質についてはとても満足しています。
ただ、有線接続した時の音質が、どうも気になったのでこちらの掲示板で他のユーザーの意見を聞いてみたいと思いました。
PHA-1A(ボータブルアンプ)またはMacBook ProのヘッドフォンジャックとMDR-1000Xを有線接続した時に、低音が不自然にこもる感じはしませんか?低音が極端に強調されて中高音が潰されてる感じです。(MDR-1000Xの電源はオフで使用しています。)
私の個人的な感覚では無線接続の方が有線接続よりもはるかに音がよく聞こえる印象です。
「そんなことはないよ」とか「自分も同じ印象を持った」みたいな意見を頂ければ幸いです。

https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000021801/SortID=20733972/

WH-1000XM4は有線接続+電源ONで音質は良くなる

WH-1000XM4はノイズキャンセリングをONにしたまま有線接続すると、ノイズキャンセリング機能をONにしたまま有線接続できます。(何言ってるんだと思われるかもしれませんが、MDR-1000Xはできないんですよね)

Bluetooth接続でノイズキャンセリング機能を使用しているときに付属のヘッドホンケーブルをつなぐと、Bluetooth機能はオフになりますが、ノイズキャンセリング機能は続けて使用できます。

https://helpguide.sony.net/mdr/wh1000xm4/v1/ja/contents/TP0002749804.html

これをすると音質は良くなります。

でもBluetooth接続と比べてすごくいいかと言われると、「うーん」という感じなので、やっぱりWH-1000XM4はBluetooth接続で使うヘッドホンなのかと思います。

ノイズキャンセリングの劇的な進化は感じられない

初代に比べてWH-1000XM4はどれくらいノイキャン性能が上がってるんだろうなーと期待していたのですが、正直なところそこまでの進化は感じられませんでした。

ホワイトノイズの「サー」という音が少し小さくなっているくらいで、MDR-1000Xに比べてWH-1000XM4が「めちゃくちゃ進化したぞ!完全なる無音になったぞ!」みたいなのはありませんでした。

WH-1000XM4は360realityオーディオが聴ける

WH-1000XM4は360realityオーディオが聴けます。

さっそくAmazon Music HDで聴いてみました。

「おぉー」ってなります。

でも最初に感動しただけで、あとは聴いてません。

360realityオーディオは好みが分かれるかと。

おわりに:WH-1000XM4は順当に進化しているけれども

WH-1000XM4は、初代のノイキャンヘッドホンMDR-1000Xから順当に進化をしています。けれども劇的に進化しているかと問われれれば、微妙かと思います。

そもそもMDR-1000Xを購入したときは、私はその完成度の高さに驚かされました(1年使って耐久性が悪いことに気がつくまでは)。私と同じように感じた人も多く、だからこそここまでシリーズ化され世代を重ねることができました。

つまり、音質なんてMDR-1000Xでじゅうぶんにいいわけです。このシリーズのどれかを持っているのであれば、わざわざWH-1000XM4に買い替える必要はないんじゃないかなと。

音質以外の面、たとえばイコライザーとか360realityオーディオを求めている方はWH-1000XM4がいいでしょう。

なんにせよとても完成度が高いノイキャンヘッドホンですので、ノイキャンヘッドホンを持ってない方にはWH-1000XM4はオススメできます!

参考までに。それでは!

コメント