iPhoneの画面収録動画をYouTubeにアップしたら自分の声が出ない問題

iPhone 画面収録 音 Youtube iPhone
スポンサーリンク

YouTubeにiPhoneで収録した動画をアップしたら、自分の声が再生されない・・・。

その悩みを解決します!

iPhoneでは画面収録機能がありまして、これを使えば誰でも簡単にゲーム実況者になれそうな気がします。ところがどっこい、その収録動画をYouTubeにアップしてもiPhoneから流れる音は再生されるけれど、自分の声は再生されないのです!

画面収録で自分の声も録音する方法>

 

その原因ですが、YouTubeではマルチトラックの合成処理ができなくて、単一のオーディオトラックしか採用してない可能性があるそうなんですな。

Google Product Forums
スポンサーリンク

iPhoneの画面収録した動画をYouTubeでも音声を残す方法

ということで、ちょっくら編集が必要になります。これを解決するiPhoneアプリは『Cute CUT』というアプリを使えばいいそうな。しかし、有料アプリになります。ということで私は購入しておりません。

それに、私が持っているiPhoneはiPhone SE。動画の編集をやるのにはちょっと不安。(アプリを購入してもアプリが落ちるばっかりなら意味がない)

 

ということで、他の方法を探してみました。Macを持っている方は超簡単になります。

  1. iPhoneで収録した動画をMacに移す
  2. 動画ファイルを右クリック
  3. 選択したビデオファイルをエンコードするをクリック
  4. サイズを決めて『続ける』をクリック
  5. 編集が終わるまで待つ
  6. できあがった編集動画をYouTubeにアップ

で完了になります。エンコードの選択は下図のようになります。

メディアをエンコード

 

これでYouTubeに動画をアップしても自分の声が消えちゃう問題が解決しているはずです。同じような悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。それでは!

コメント