PS4 ProをSSD換装してからスタンバイモードではなく電源を落とすようになった【消費電力節約】

PS4
スポンサーリンク

PS4 ProをSSDにしてから、PS4の電源を落とすようになりました。HDDのころはスタンバイモードにしていたのですね。なぜかというと、スタンバイモードじゃないとPS4の起動が遅いからです。

2020年だけれどPS4 ProをSSDに換装【容量が大きいゲームは高速化】

 

SSDに換装してからPS4の起動が速くなりました。だから「スタンバイモードじゃなくてもいいや」という判断で、電源を落とすようになりました。となってくると、消費電力が以前より抑えられているような気がするのですね。もしかしたらSSDにすることによるメリットは、『電気代』かもしれません笑

スポンサーリンク

PS4 Proの消費電力はSSD換装にすることで減らせるのか

当然のことながら、PS4を起動させる頻度によって消費電力は変わってきます。では、

  • 毎回電源を落とすパターン
  • 毎回スタンバイモードにするパターン

では、どちらのほうが消費電力をおさえられるのでしょうか。どちらが経済的なのでしょうか。

 

ただ、これを計算するのは超大変。というのも消費電力は一定ではないからです。PS4 Proの最大消費電力は300W。でも最大までいくことはそうそうなく、多くの場合もっとも消費電力が必要なのは、電源を起動させる時です。つまり、電源をONにしたりOFFにしたりするときが一番消費電力がかかります。(電化製品の消費電力の基本ですね。)

 

ということで、1日に何度もPS4をいじる人はスタンバイモードのほうが消費電力を抑えられるでしょう。

 

では私のような、1日に1回つけるかどうかの人間はどちらがいいのでしょう。それを少し考えていきたいと思います。

 

こちらのサイトを見ると、PS4のスタンバイモードでかかる消費電力は、3〜8W。1時間あたりの電気代は高くても約0.22円とのことです。仮に24時間スタンバイモードなら約5.3円です。

スタンバイモードでかかる消費電力は、待機時は3~8W程度、ダウンロード中は65W程度です。ダウンロードしていない時の1時間あたりの電気代は高くても約0.22円であり、24時間スタンバイモードにし続けた場合、約5.3円かかる計算です。USB端子を使ってコントローラーを充電する時に必要な電力は1Wのため、スタンバイモードと同時に充電していても、電気代に大きな変化はありません。また、ダウンロード時は1時間あたり約1.8円です。

引用:https://denki.insweb.co.jp/ps4-denkidai.html

 

こちらのサイトだと、スタンバイモードの消費電力は1時間で約0.08円。24時間だと約1.9円とのことです。

スタンバイモードなら1時間で約0.08円しか電気代かからないっすか!1日中でも約1.9円ならスタンバイモードでいいかなって気になるっすね!

引用:https://miratomo.jp/article/7688#360W

 

若干の違いはありますが、1日中スタンバイモードなら2円〜5円かかると考えておきましょう。1週間スタンバイモードだと考えると、消費電力は14円〜35円。1ヶ月で考えると56円〜245円。1年で考えると730円〜1825円。

 

これを安いとみるか、高いとみるか・・・微妙なラインですね。PS4を3年使うと考えて、この値を3倍したとしてもMAXで5400円くらいです。ということで、スタンバイモードでもいいのではないでしょうか。

 

ただ私の環境で言うと、SSD換装して起動にかかる時間も短くなったため、スタンバイモードではなく毎回起動しております。起動にたくさん電力がかかるとしても、こちらのほうが省エネ&節約になるという判断です。

 

参考までに。それでは!

(ちなみにパソコンはずっとスタンバイモードです。なぜかというと、PS4と違って1日のうちに何回も起動するからです。繰り返しになりますが、PS4は1日に1回つけるかどうかなので。)

コメント