SONYのヘッドフォン『MDR-1000X』か『MDR-XB950N1』のどちらにしようか迷っている件

MDR-1000X MDR-XB950N1

SONYのヘッドフォン『MDR-1000X』か『MDR-XB950N1』のどちらを購入しようか迷っています・・・。そもそもそんな高級なヘッドフォンが自分にいるのか?という悩みも抱えつつ悩んでいます。今回の記事では、そんな今の僕の悩みをつらつらと書いていこうと思います(´・ω・)

MDR-1000Xとは?

今のヘッドフォン界の中で頂点に君臨すると言っても過言ではないのがこの『MDR-1000X』です。2016年10月29日に発売されて以来、超高評価をキープし続けているヘッドフォン。

MDR-1000Xの機能

  • ノイズキャンセリング
  • ハイレゾ対応
  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質(すごい技術により圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングできる)
  • ヘッドフォンを耳にあてていても、手でさっとヘッドフォンをタッチすると周囲の音を取り込む外音取り込み機能
  • SiriやGoogle Nowに対応しているのでヘッドフォンのハウジング部のタッチセンサーコントロールを使って再生・停止・音量調節・曲送りなどができる
  • 折り畳み可能
  • 4時間充電で連続音声再生時間が最大20時間
  • マイク機能あり

と、高機能。ただ、ハイレゾ音源を持っていないのでハイレゾ対応でなくてもいいのにな〜というのが僕の感想。

MDR-1000Xの評価

Amazonでも高評価を得ているMDR-1000X。気になった評価を引用したいと思います。

ノイズキャンセリングが素晴らしいです。
全体的に静かになり、違和感なく、着けていることを忘れるほど、馴染みます。
長時間つけていても疲れません。

ノイズキャンセリングってやっぱりいいみたいですね。まだノイズキャンセリングのヘッドフォンは使ったことがないので、購入して効果を味わいたいです(=゚ω゚)ノ

やはりノイズキャンセリングの技術ではbossのほうが上
ただヘッドホンを触ると色々操作できるのはすごくいい
純粋にソニーの発想ってすげーわ

音質はboseの方がいいという意見もありますね。

音質については以前所有していたMDR-1ABTと比べ、私の耳では高音域が40kHzまでである影響はまったく分からず、低音の厚みが増して締まりのある良い音質になった感じです。

ノイズキャンセリングについては、今のところバス内での使用しかしていませんが、ノイズキャンセリングONにすれば、さほど音楽の音量を上げなくても、バスのエンジン音やアナウンス音はまったく気にならず、音楽に没頭できます。
騒音をカットしかつアナウンス音だけは聞きたいというときには、アンビエントモード・ボイスにすることで可能です。

アンビエントモード・ボイスっていうのもあるみたいですね。知りませんでした。「騒音をカットしつつアナウンス音だけは聞きたい』って、すごい機能ですね。

ノイズキャンセルの性能は文句なしに一番だと思いますが、
QC35と比べてホワイトノイズが大きいため、ある程度静かな環境ではホワイトノイズが気になります。
また、Bluetoothが接続されていない状態では5分で電源が切れてしまいます。
以上のことから、Bluetoothで接続して音を聞くのが前提で、部屋で無音で耳栓代わりに使用するのには向いていません。

おっと、耳栓代わりに利用しようかと思っていた僕にとっては衝撃的なコメント。でも欲しい・・・問題なのは値段だけなんだ(´・ω・)

僕もスカイプで利用したいんだよね〜。今のマイクがあんまり性能よくないので、これだったらいいのではないかと期待しているのです。でもスカイプ用途で4万円はさすがに高いよなぁ。

MDR-XB950N1とは?

MDR-1000xから変わって、MDR-XB950N1に。2017年3月11日に発売されているのでMDR-1000xより新しいんですね。値段はMDR-1000xより1万円以上安いのが僕を迷わせている点。

MDR-XB950N1の機能

細かいところはよく分からないけど、MDR-1000xと大きく違う点はハイレゾ対応ではないところ。これに関しては僕的にはどっちでもいいので、ハイレゾ分で1万円安いならこっちがいいなって思ってます。

MDR-XB950N1の評価

MDR-1000xと同様に気になったコメントを引用したいと思います。

NCの効きが良くないのでマイナス1
具体的には、曲を再生していないと普通に車の音が聞こえる程度
1000X並みのNC性能を期待している人には向いていないので注意

ノイズキャンセラーはMDR-1000xの方が良いというコメントありです。

当たり前のことですが、こんなことであれれば、いっそX1000にして、HDのWalkmanを用意すべきであったかと反省しているところです。PCが主でいままで接続が面倒であったり、あまりBluetoothは信用していなかったものですから。HD不要なら、本機は最近かなり値下げされたこともあり、コスパも十分、お薦めできると思います。

ハイレゾ音源を使わないのであれば、この機種でもOKということですね(`・ω・´)”

しっかりしているつけ心地で歩いていてもずれることはありません。イヤーパッドが分厚くしっかりフィットしている感じです。通勤で1時間以上付けていますが、若干の圧迫感が出るものの痛くなったり違和感が出ることもありませんでした。ただ冬場の通勤ではうっすら汗をかきましたので、暑い場所で長時間だと厳しそうです。またワイヤレスヘッドフォンは重くなりがちです。有線ヘッドフォンと比較すれば重さを感じるのは仕方がないところだと思います。

MDR-1000xにも言えることですが、やはり重さがきになる人は無線ヘッドフォンは合わないかもしれませんね。夏場に長時間外で使用する人などいないと思いますが、一応注意ですね。

MDR-1000Xとの重さの違いを調べてみました。MDR-1000xが275gで、MDR-XB950N1が290gなので、MDR-1000xの方が15g軽いようです。

本当にこれはスゴいです。低音が。
ソニーストアにフラッと立ち寄って色々と試聴してたんですが
ドンドン、ズンズンとここまで低音が強調されるのかと。
その場ですぐに購入して超ヘビーユーザーになってしまいました。
「クラブのようなグルーヴ感」と謳ってありますが全く間違ってない、むしろこれ以上の表現があるのかといったレベルです。

このヘッドフォンは低音が売りのようですが、コメント通り低音がすごいみたいですね。と言っても低音はそこまで重視していない僕としてはどっちでもいいな〜と。(じゃあどんなヘッドフォンを求めてるんだよ!と突っ込まれそうですが(´・ω・))

まとめ

う〜ん。記事にしながら自分の心の整理をしてみましたが、やっぱり迷っています。最近は家の周りの騒音が気になっているので、ノイズキャンセラーで静かな環境を作りたいというのが僕の目的なんですね。

ノイズキャンセラー付きならどんなヘッドフォンでもいいのかもしれませんが、「どうせなら音質も良くて、マイクも付いてスカイプとかに使えるやつで」と考えていたらこの2つのヘッドフォンに行き着いてしまいました。

迷った迷ったーーー。ということでもう少し迷い続けながら、家の騒音を我慢しながらノイズキャンセラーのヘッドフォンを探そうと思います(`・ω・´)”

「へ〜」と思ったら
「いいね!」お願いします

オススメの本・漫画・映画・音楽・ガジェットなど

僕の人生の糧となってきた、漫画・本・映画・音楽を載せていきます。(随時更新)ついでに便利なガジェットもご紹介します(=゚ω゚)ノ

僕が書いてる記事の多くは、こちらのページにある本を参考にしています。


詳細ページはこちら

SNSでもご購読できます。

運営者:福山和寿

犬好きのアラサー男子。

モットーはだらけきった正義。
趣味はまったり読書、そわそわテニス観戦、適度な筋トレ。
将来の子どもたちのために何かできることはないかと模索中です。

サイトの内容を分けることにして、子どもの教育に関するサイトと、健康に関するサイトを新しく作りました。

 

記事によって「である調」や「ですます調」になっていますが、気分によって使い分けているだけなので、あまり気にせず読んでいただければと思います。

 

特定商取引に関する表示

コメント

コメントを残す

*