Beats pill 2.0とBeats pill +の違い

Beats pill 2.0とBeats pill +の違いApple
スポンサーリンク

Beats pill +を購入して大満足しております。このサイズでこの音、もう一台購入してステレオモードにしたいなー、なんていう欲が出てきています。

 

それはさておき、Beats製品の素晴らしさに気がつきまして、Beats pill +の前のモデルとどう違うのだろうー?というのが気になったので調べました。この記事では調べたことをまとめていきます。

スポンサーリンク

Beats pill 2.0とBeats pill +の違い

Beats pill +の前のモデルがBeats pill 2.0。今は生産が終了しております。

違いを表にしてまとめます↓

 Beats pill 2.0Beats pill +
Bluetooth
最大再生時間7時間12時間
3.5mmヘッドホン端子
内臓マイク○(ハンズフリー通話が可能)×
2台でステレオモード
カラー6色(ブラック、ホワイト、レッド、ピンク、ブルー、シルバー)3色(ブラック、ホワイト、レッド)
専用スタンド(別売り)×
aptX対応×
重量約297g約745g
モバイルバッテリーとしての用途
充電端子マイクロUSBLightning

Beats pill +でapt-Xが非対応になったところが残念ですね。

aptXとは、Bluetoothのワイヤレス通信で用いられる音声コーデック。スマートフォンで標準的に使われることの多いSBCコーデックやAACコーデックよりも高音質、低遅延で音声データを伝送できるとされる。

用語集 | KDDI株式会社

あと、重さが2倍以上になってるところが興味深いですね。持ち運ぶことを考えたら、Beats pill 2.0はかなりの優れものだったみたいです。

 

以上、Beats pill 2.0とBeats pill +の違いについて簡単にまとめました。それでは!

*参考

ワイヤレススピーカーの新しい水準!Beats by dr.dre 「Beats Pill 2.0」発表! – Digiland - 島村楽器のデジタル楽器情報サイト
新製品ニュース ワイヤレススピーカーの新しい水準!Beats by dr.dre 「Beats Pill 2.0」発表!のご紹介。Digiland - 島村楽器のデジタル楽器情報サイト
Beats Pill+
コンパクトサイズで大音量サウンドの新しいPill+をお求めいただけます。Beats Pill+は、部屋の隅々まで重厚かつクリアなサウンドを再現できるよう設計されています。

コメント