Mac・iPhone SE2・iPad Pro 10.5でiMovieの4kの書き出し時間を比較してみた

iMoive
スポンサーリンク

iPhone SE2を手にしまして、こいつに内蔵されているA13チップの性能が気になってきたので、所有しているiPad ProとMacと性能の比較をしてみました。差が出るであろう4K動画の書き出し(iMovie)で時間を比較を行っています。

*手持ちのアップル製品↓

  • iPhone SE2:A13チップ
  • iPad Pro 10.5インチ:A10X Fusionチップ
  • iMac 21.5 2017:3.4GHzクアッドコアIntel Core i5、Radeon Pro 560 4GB

この3つで比較していきます。

使った動画はiPhone SE2で撮影した4K 60fpsの14分53秒の動画です。約5GBです。この動画をiMovieに入れまして、4Kで書き出しを行います。

スポンサーリンク

Mac・iPhone SE2・iPad Pro 10.5でiMovieの4kの書き出し時間比較

予想としては、iMacが一番だと予想していました。だって外部GPUとしてRadeon Pro 560 4GBがありますもん。というかこの3つの中でiMacが一番高価でしたもん。(定価で20万くらいです)

 

で、結果は、予想を大きく裏切ることになりました。正直ビビりました。

  • iPhone SE2:9分32秒
  • iPad Pro 10.5インチ:8分19秒
  • iMac 21.5 2017:12分7秒

iMacがぶっちぎりで最下位!!!

 

まさかのiMacちゃんがiPhone・iPadに大きく遅れを取り最下位なのです。2017年に発売されたiPad Pro 10.5インチの強さよ。A10X Fusionチップすげーです。というか2017年iMacちゃんは、同年に発売のiPad Proに負けちゃうのね😱

 

Appleさんが開発したチップは本当に凄いですわ。脱IntelしてMacにも搭載される理由に納得なのです。

 

それと、iMacはファンが回転して冷却しながらの書き出しなのに、iPhone・iPad Proはファンレスですよ。Aチップは恐ろしいっすわ。

iPad Pro 10.5と第四世代の性能比較

iPad Proの性能が気になったので調べてみました。

参考にしたサイト→https://browser.geekbench.com/ios_devices/ipad-pro-10-5-inch

 シングルコアマルチコアメタル
iPad Pro 10.5(A10X Fusion)83022616489
iPad Pro 11(A12X Bionic)111346069216
iPad Pro 11(A12Z Bionic)1116462210187
iPad Air 3(A12 Bionic)111228684614
iPhone SE2 (A13 Bionic)132127686419

調べてみてびっくりなのですけれど、iPhone SE2のMetalスコアの高さに驚いています。iPad Pro 10.5インチと肩を並べてますやん!画面が小さい分、処理が少ないから有利なのでしょうか。にしてもA13すげぇ。

iMacがiPad Proに勝てるところ

iPhone・iPad Proと性能差を比べてみて悲しくなるiMacちゃんなのですけれど、勝てるところもあります。それがマルチタスクです!

 

iPhone・iPadは、iMovieで書き出し中に他の操作はできません。ホームに戻ろうもんなら書き出しが中止されます。それに対し、iMacだと他の作業もできます。iMacの勝てるところはここですね。

おわりに

iMovieの書き出し比較をやってみて…Appleが開発しているAチップがマジですげぇ、ということが分かりました。Macに搭載されるのが楽しみですねぇ。

参考までに。それでは!

*関連記事

【iMac 2020発表】下位モデルの5kと4kを比較すると5kがかなりお得な感じ

iPhone SE 第2世代にやっぱりアップルケア+をつけた理由

 

コメント